• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

内閣支持率42%に急落 コロナ対策「評価せず」59%

日本経済新聞
130
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 東京工業大学 教授

    日本はCOVID-19対策では世界のベストプラクティスの一つに違いないのにな… 知人がいるロンドンやパリは実に悲惨ですよ。
    犠牲者が多くスタンドプレーに奔る為政者ほど高評価が得られるなら、低評価こそ真の高評価ということではないかしら。
    課題をあげれば、医療システムの抜本的な改革に着手出来ていない点でしょうか。患者数最少・病床数最多でなぜこうも容易く医療崩壊なのかは、制度の問題だと思います。ぜひ縦割り打破を発揮して欲しい。


  • Amazon Web Service Japan G.K. Snr Solutions Architect

    コロナウィルス対策に限って言えば、日本の人口10万人当たりの感染者数は欧米の30分の一で、割と対策がワークしている方だなと思っているので、これで対策が悪いと思われているとなると、流石にバイアスが掛かっているのでは?っと思ってしまいます。
    https://www.yomiuri.co.jp/topics/covid19/world-confirmed-cases-to-population/

    もちろん、この数字は現場の頑張りによりますが、政策サイドが全くの無策であったとも思えません。ただ、GoToは政策理念は分かるものの、メッセージ性という意味で無策感を助長した可能性は感じています。

    もう一点、気になるのは、政党別の支持率です。
    全世代型の社会保障など、有権者のマス層に嫌われる政策を推し進めながら、実行が中途半端になっているので、ある一定の支持率低下は避けられないとは思っていました。選挙前にもう一度冷静に政策内容を振り返りたいなと思います。


  • badge
    JX通信社 代表取締役

    最近の菅政権の支持動向を内訳で見てみると、自民党支持層の「離反」が目立つ。

    弊社(JX通信社)と選挙ドットコムの調査では、10・11・12月で自民党支持層にしめる政権支持の割合が82.8%→79.1%→70.6%と下落している。これは朝日新聞でも同様で、80%→83%→67%という動きだ。

    安倍政権が経済最優先のメッセージや保守層へのアピールで築いてきた与党の支持層から、継続的に支持を取り付けることに失敗しつつある。結果、鳩山政権や麻生政権のような支持率の急落ぶりとなっている。

    こうした世論の変化は、官邸と党のパワーバランスにも影響してきそうだ。つまり、党の方が強くなり、選挙前により支持されるリーダーを求める動きにもつながりかねない。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか