新着Pick
193Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「協力的な人間関係下でポジティブ感情が育まれ、「安全」と感じられる状態にあってこそ、ビジネスで生じた複雑な問題の解決が可能になるという考え方」を実践できる企業は、様々なチャレンジをチャンスに変えていくことができる。
信じることは、盲目的に服従することではない。 相手を尊重し 自分の考えをを 恐れずの伝えあえる環境だと思う。
単純に「まず信じる」ことができる一定の水準を採用時に担保してるからじゃないですかね
普通の企業はそんなこと言ってられないくらい有象無象の人材が入ってくるわけですから、社内でも信頼関係ができるまではある程度疑ってかからないとえらい目に合うと思います
「疑う」にはいろいろな意味がある。発言の意図を疑う、きちんと働いているかどうかを疑う。ここでの「疑う」の主題は前者であるが、減点法にしないことはアイディア創発を求めたい時の基本的な心的態度である。また、疑うをやめる、ということが個人として実施するだけではなく、企業内の共有理解あるいは風土として根付かせることが重要になる。
一見よさそうに見えるのかもしれないが、僕にはジョージ・オーウェルの「1984」の洗脳統治に近い恐ろしさを感じるけどな。「人を疑わない」「エゴを通さない」「自己の権利を主張しない」無害で忠実な大衆を作るための。怒りすぎる人間もダメだけど、もっとダメなのは平坦な感情の人間になること。

多分、GAFAが目指しているのは「人間が使う」ツール宗教支配なんだと思う。「救われるから信じる」のではなく「使うから・使っているから信じる」世界の宗教。それはやがて「自分と異質なものを使う人間」を敵視し排除していくのだろう。
組織や企業と、自分をつなぐ、ストーリーやナラティブを持っているか否かでしょうね。

それがあれば、互いに信頼もできますが、同じところにつながっている意識がなければ、特定の個人間では信頼を構築できたとしても、組織全体で、それを実現することは難しいと思います。

Googleは、社員との間でストーリーを共有できているのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
信じる(信じてるように見せる)事が、他人へは一番効果てきめん。
信頼を受けた側には、時には活力になり、時には呪いになり。