新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地域金融機関こそネットバンク化を進めるべきというのが持論なので、今回の動きについては納得感があります。
おそらく、個人営業に関する業務はネットで、地域の活性化やまちづくりに関する業務はコンサルティング的な切り口で対面で、ということになるのではないか。そうすることによって個々の地域金融機関の存在感が出てきて、個性的なビジネスモデルも生まれやすくなるのではないかと思う。
私の持つ福岡銀行さんのイメージは開明的でチャレンジング。IT等の経営資源を大きく投じて立ち上げに邁進していらっしゃると仄聞していたのでおめでとうございます、と素直に申し上げたい気持ちです。マイナス金利政策が浸透してコストをかけて預金を集め貸し出すだけでは儲からない時代、個人を相手にするビジネスは、定性的な顧客セグメントを元にした従来型のマーケティングに留まらず、日々の資金の動きから顧客の特性の変化を早く、更には事前に捉えて適切な商品を時を移さず売り込むことが重要になっているように感じます。福岡フィナンシャルグループさんの戦略的な意図を知るよしもないけれど、そうしたデータベースマーケティングの土台になり得るんじゃないのかな (^.^)/~~~フレ!
みんなの銀行、その名前どおり、みんなの意見を聞きながら、顧客利便性を高めたバンキングサービスを提供していただきたいものです。そのためには、本体とは完全に独立した運営体制が必要。自治権を持つことが大切です。

ネット専業というのはちょっと古い感じ。1990年台のインターネットブームによって世界中でネット専業銀行が雨後の筍のように生まれました。そうではなくて、モバイルファーストとかデジタルバンキングでしょう。
個人向けのサービスと理解しました。最近欧米のフィンテック界隈ではB2Bのバンキングサービスが流行っている様ですが、日本では同様のプレイヤーはいるんでしょうか。StripeがShopify上の個人事業主に対して提供する、プラットフォーム上で口座開設・管理が完結出来る様なサービスなど。

Stripe announces embedded business banking service Stripe Treasury
https://techcrunch.com/2020/12/03/stripe-announces-embedded-business-banking-service-stripe-treasury/?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cHM6Ly93d3cuZ29vZ2xlLmNvbS8&guce_referrer_sig=AQAAAGVKCS6HBmIBqZjGIqTlJFfPp4oUX9AP5BsjR5ttMgB8lNPD2X-ttIBD27azD7RCPtba9sXtoctbZ-AsvVA42_ZmGkS-RxEX-mnoNBJ785H_F8uPT1w0ExMSHQ5nKQPu2mRvc0MxRM53m1he4dC4fmKFr05IFEynQ1SEOz5XH4P3
都銀や信用金庫などと差別化ができていない地銀は、DX待ったなし!と言われていました。

地銀のネット専業銀行の流れは、他行も追随していくと思っています。そうなると、ネットならではのサービスをいかに作り込めるかが勝負ですね。
ネット専業銀行になることで商圏が拡がると思いますが、どういう戦略を描いているんでしょう。足元商圏だけ相手にするのではないと思いますが。。
九州の地域通貨を流通させそうですね。
大きく飛躍して母体より大きくなると面白いですね!
地銀のネット銀行ならではのサービスに期待
株式会社ふくおかフィナンシャルグループは、福岡県福岡市中央区に2007年(平成19年)4月2日に設立された金融持株会社である。略称はFFGだが、上場銘柄としては「ふくおかFG」を用いている。 ウィキペディア
時価総額
3,932 億円

業績