153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界初の技術を使って実用衛星を打ち上げていきます。打ち上げ機会が限られる中、打ち上げ手段を自前で用意できるのは大きな競争力になるはずです
ロケット会社が小型衛星のコンステをやるのはSpaceXモデル。うまく軌道に乗ってくれれば良いのだが…。高度200kmだとdecayが早いので打ち上げも頻繁にやらないと行けなくなりそうだな。
3年後を目処に打ち上げられる国産の軌道投入ロケットZEROに、数十~数gの超小型衛星フェムトサットを多数搭載し、低軌道上であたかも一つの衛星の様に連携して機能するフォーメーションフライトによって全く新しい宇宙ビジネス分野を開こうという事業の様です。
低価格小型ロケットが生きる事業分野でなかなか面白いと思います。
多数のフェムトサットの制御や、軌道投入ロケットに使用される大出力メタンエンジンの開発など技術的にはまだまだ越えなければいけない点がたくさんあろうかと思いますが、そうゆう挑戦こそがスタートアップの本分。
日本の宇宙ベンチャーの今後の活躍に期待大ですね。
ピンポン玉大とはすごい技術だと思います。ところで耐用年数を終えたらどうなるのでしょう?スペースデブリの発生を抑えるべく大気圏に突入させるなど、プランされていると良いですね。
スペースデブリは、微細であっても大きな破壊力があると聞きますので、「使用後」の対策が気になりました。
コンステレーションとロケット開発は、資本政策と事業を回していくためには良い組み合わせに思います。宇宙開発のニーズは多様化してくるので、特定分野に注力して優位性を築き上げるのはできると思います。

エンジニア的視点で言えば、このコンステレーションはめちゃめちゃ楽しそうです。編隊は相対制御ですが、多数になればなるほど細かいノイズが問題になります。宇宙は無重力で抵抗がないと考えている人がいるかもしれませんが、そうではありません。このノイズをキャンセリングするような制御技術と小型アクチュエーターの開発・制御技術こそがコアコンピタンスになるでしょう。このチャレンジはエンジニア冥利につきます。
超小型衛星や超々小型衛星はトレンドになりますし、探査効率からしてとても良い物です。数打ちゃ当たる的な考え方ですね。

名古屋大の稲森研究室でも超小型(もっと小さかったような)衛星を開発しており、どこまで小さく多く運用できるか見ものです。
昨年末はMOMO5号機を打上げる北海道大樹町に伺いました。ISTの挑戦に頭が下がりました。ハード打上げの次はソフトのサービスですね。期待します!
素人なので、超感覚的ですがすごく面白そう。
超小型衛生の大量導入は表面積の増加が狙いなのかな?
インターステラテクノロジズが、年明け早々に設立する全額出資子会社を通じて、衛星事業に参入するそうです!
「ピンポン玉大の極超小型衛星数千個の編隊飛行」が可愛い...
IST、衛星事業参入!これは熱い展開!!