新着Pick
289Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のオンライン教育はまだまだ可能性にあふれています。
川上さんが仰るローテクはまさしくその通りですね。

Crimson Global Academyでは最近、性格特性による先生と生徒のマッチングや、授業中の表情や発言内容を分析した診断もスタートしています。教育は徹底的にデータドリブンで進めていく事が大切です。

そうする事で学校は効率的に学べるようになり、好きを徹底的に探究する時間が生まれる。
賛否両論あると思いますが、現実と正面から向き合ったからこそ出てきた言葉なので、重みがあります。

非現実的な言葉を並べる学校に対して、生徒はそれが現実離れしたものであると感覚的に理解しているように感じています。
だからこそ、エッジの効いた生徒に刺さる言葉になっているのだと考えます。
ワークマンの「しない経営」の教育版という感を持ちました。何が大事で、何がそうでないかを原点に戻ってー意味不明な教育界の常識を捨ててー取り組んでいるという意味で。
面白いのは教員採用で、経験者でなく新卒を取るようになった経緯。染まってない人を採る。普通の昔ながらの日系企業の採用のようだ。
多様性を許容することとビジネス上の最適解を教育で目指すことは子を持つ親として素敵だと感じました。凝り固まった日本の教育を変え、未来を作っていってほしいです。
日本の大学教育にも課題があると思うので今後はN大学にも期待でしょうか。
淘汰圧が低いという所はすごく納得です。特に義務教育段階は文字通り『来るのが当然、当たり前』なので、子ども達のためにシステムを改善していこうという意識は低いです。これは喫緊の課題です。また、保護者の方に対しても『学校に協力するのが当たり前』という意識が少なからずあるのではと感じます。歩み寄り、ともに子ども達のために協力していこうという意識も学校現場には必要です。
カドカワ株式会社(英語: KADOKAWA DWANGO CORPORATION)は、2014年10月1日に設立された日本の持株会社、出版社。ドワンゴとKADOKAWAを傘下に持つ。2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更。 ウィキペディア
時価総額
4,105 億円

業績