新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
精神論なんだけど、どこか論理性のある言葉

「不安に思うということは、不安に思う時間がある」
「悩むということは、まだ無心になれていない」

自分もまだまだ時間がある、
そして無心になっていない。
人気 Picker
元サッカー日本代表・鈴木啓太氏の連載第6回です。
---
元サッカー日本代表の鈴木啓太氏が立ち上げた、アスリートの腸内細菌を研究するバイオベンチャー「AuB」が企業から熱視線を浴びている。

2019年9月には、大正製薬と三菱UFJキャピタル、個人投資家から総額約3億円の資金調達に成功。2020には、読売ジャイアンツとの選手の栄養サポート分野での取り組み、京セラらとの共同研究をスタートさせている。

サッカー界からビジネスの世界に飛び込み、創業から5年。ゼロから切り開いてきた道のりを支えた、その熱源とは。(全7回)

■第1回 元日本代表が「うんち、ちょうだい」と奔走する理由
■第2回 非エリートが夢との距離を縮める方法
■第3回 過酷な世界で生き残り、組織で必要とされる人材とは
■第4回 「知恵と勇気」オシムの言葉で勝つ
■第5回 決断に「もしも」はない。選んだ道を正しくするだけ
■第6回 空中分解、資金枯渇、倒産がチラつく苦境続きの起業
■第7回 「努力は運を支配する」という言葉の先にあるもの
人は本気で頑張っている人には手を差し伸べたくなるもの。諦めずに真摯に取り組んでいる人が最後にチャンスを掴めるのはそういう理由かも知れません。
アスリートの特性のようにも感じました。笑
倒産や営業不振の経験が無い経営者はいないと聞きます。

そこを乗り切る術は人それぞれかと思いますが鈴木さんの諦めない地道な努力がとても共感できました。サッカーで培った精神力が現れているのかもしれません。

特別な技能などではなく何事も地道で持続的な努力が大切なのだと改めて考えさせられました。
起業当初のシードステージ、アーリーステージの苦闘が伝わってきました。

当社の場合では、それぞれのポイントだったことは以下の通りです。

<シード期:アイデアはあるがプロダクトが固まっていない>
①知り合いづてにとにかく営業活動を実施する
②最初期は自社ドメインと関係がなくとも、得意分野でマネタイズをする
③自社ドメイン(今後立ち上げを含む)と近しい分野のベンダーの下請けで開発案件を受託し、キャッシュや当該ドメインの経験・実績を蓄積する
④初期の顧客向け案件でプロダクトの形をいったん完成させ、実績を作る

<アーリーステージ:自分たちのプロダクトのβ版が完成するまで>
⑤自社ドメインと関係の無いマネタイズは、自社プロダクトの立ち上がりとともに撤退をする
⑥パートナーセールスの形から実績を積む (これでいくかどうかは経営戦略次第)
⑦直接販売のやり方(営業のノウハウ)について学ぶ (直販の立ち上げには時間がかかる)
⑧直販テレアポは、継続すれば実績につながる (やれば結果は出る)
※ただし現在のコロナ禍・リモートワーク環境では異なる
⑨アーリーステージでは超絶能力の一人の営業に依存することが多いが、中期スパンではその人に依存しない決意が必要
⑩サービスクオリティの改善を続ける。初期はサービスが標準化されていないので、納品クオリティが低い
⑪パートナーセールス/直販は、戦略の大きな分かれ道
⑫営業組織の組成には、資金調達が不可欠
プロスポーツ選手らしいと思います。
ゲームの途中で諦めてしまっては、そもそも一流の選手にはなれなかったと思います。以前の連載でもありましたが、まさに100%を出し切るという気持ちが最後の最後に役立ったのではないかと思います。
昨日MAKUAKEからAuB商品が届きました。使ってみるのが楽しみです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。