新着Pick
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近よく言われるようになったOODA。オシムさんも「観察の人」だったという指摘は、すごく納得のいくものです。ちなみに、フィル・ジャクソンもそうで、選手1人1人に違った課題図書を渡していたと『Five Rings』にありました。
元サッカー日本代表・鈴木啓太氏の連載第4回です。
---
元サッカー日本代表の鈴木啓太氏が立ち上げた、アスリートの腸内細菌を研究するバイオベンチャー「AuB」が企業から熱視線を浴びている。

2019年9月には、大正製薬と三菱UFJキャピタル、個人投資家から総額約3億円の資金調達に成功。2020には、読売ジャイアンツとの選手の栄養サポート分野での取り組み、京セラらとの共同研究をスタートさせている。

サッカー界からビジネスの世界に飛び込み、創業から5年。ゼロから切り開いてきた道のりを支えた、その熱源とは。(全7回)

■第1回 元日本代表が「うんち、ちょうだい」と奔走する理由
■第2回 非エリートが夢との距離を縮める方法
■第3回 過酷な世界で生き残り、組織で必要とされる人材とは
■第4回 「知恵と勇気」オシムの言葉で勝つ
■第5回 決断に「もしも」はない。選んだ道を正しくするだけ
■第6回 空中分解、資金枯渇、倒産がチラつく苦境続きの起業
■第7回 「努力は運を支配する」という言葉の先にあるもの
チームをよく観察している監督。興味深く拝読しました。
ビジネスにおいてもチームメンバーにおける相互理解が生産性向上には必要ですね。
オシムさんがいかにして選手のモチベーションコントロールをしていたのかが啓太さんの視点で語られており、大変興味深いです。
選手を徹底的に観察する、理想のマネージャー像を感じました。
知恵とは階段のようなもので、上っていくにつれて視野が広がりより遠くまで見通すことができるようになります。

見えないところに向かって踏み出すというのはとても怖いものであり、暗闇の中目的地にたどり着くことなどできようはずがありません。そんなものは無謀というものです。しかしながら、知恵を持ち、目的地を捉えることができたなら、たとえ障害が立ち塞がろうとも乗り越えて行けるはずです。どんな壁が来ようと超えていく勇気があれば辿り着けるわけですね。
チームのために献身的にプレーする人のことを、オシム監督は"水を運ぶ人"と呼んだそう!面白い!
知恵と勇気、いい言葉です。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
大正製薬ホールディングス株式会社(たいしょうせいやくホールディングス、英語:TAISHO PHARMACEUTICAL HOLDINGS CO., LTD.)は、製薬会社を傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4,717 億円

業績

業績