新着Pick
237Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
●プロの世界で生き残れた理由
"チームにとって必要な選手になったから"

●心がけていたこと
"自分が輝くことよりも、
「この選手たちをどうやって輝かせることができるんだろう」
ということ"

ビジネスにおけるリーダーシップの発揮にも
通ずるエッセンスが詰まっていると思います。
人気 Picker
元サッカー日本代表・鈴木啓太氏の連載第3回です。
---
元サッカー日本代表の鈴木啓太氏が立ち上げた、アスリートの腸内細菌を研究するバイオベンチャー「AuB」が企業から熱視線を浴びている。

2019年9月には、大正製薬と三菱UFJキャピタル、個人投資家から総額約3億円の資金調達に成功。2020には、読売ジャイアンツとの選手の栄養サポート分野での取り組み、京セラらとの共同研究をスタートさせている。

サッカー界からビジネスの世界に飛び込み、創業から5年。ゼロから切り開いてきた道のりを支えた、その熱源とは。(全7回)

■第1回 元日本代表が「うんち、ちょうだい」と奔走する理由
■第2回 非エリートが夢との距離を縮める方法
■第3回 過酷な世界で生き残り、組織で必要とされる人材とは
■第4回 「知恵と勇気」最重要の戦いに勝たせたオシムの言葉
■第5回 決断に「もしも」はない。選んだ道を正しくするだけ
■第6回 空中分解、資金枯渇、倒産がチラつく苦境続きの起業
■第7回 「努力は運を支配する」という言葉の先にあるもの
サッカー日本代表まで上りつめたアスリートが、経営者としても成功した上で、いつの日かサッカークラブの経営にまで乗り出したらめちゃくちゃかっこいいな。。。と思いながら読みました!
チームにおける自分の役割を考え、実践する事の重要性を感じさせるエピソードです。
率先垂範型のリーダーシップではなく、ネットワーク型のリーダーシップの好例だと感じました。
仲間である他者も自分も共に最高の結果を出せるよう、そっと優しく良い方向へ導くような配慮がある-。

これは啓太さんの人柄であるだけでなく、自分自身が組織の中で確固たる存在価値を獲得しつつ、組織全体の成果を出すために非常に合理的なあり方だと感じます。
一見、経営とは無縁のサッカー選手が経営者として成功してる例をみると行動さえすれば誰にでもチャンスはあるのだと改めて考えさせられました。誰しも思いつきはするが行動するのはごくわずか。勇気づけられる内容でした。
啓太さん、一緒に日本サッカーもっともっと盛り上げていきましょう!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
大正製薬ホールディングス株式会社(たいしょうせいやくホールディングス、英語:TAISHO PHARMACEUTICAL HOLDINGS CO., LTD.)は、製薬会社を傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5,381 億円

業績