新着Pick
877Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Z世代の仲間たちといると最近"群れる形"が変わってきた印象があります。

不特定多数の人が目的ごとに集まる"コミュニティー"ではなく、同じような経歴/目標/人生などを共有した人たちが集まる同調思考の"ギルド"っぽい感じになってきたような気がします。
(似た意味ですが、ニュアンスを伝えるためにあえて違う言葉を使っています)

ここ数年、私の周りではシェアハウスやホステルで一緒に暮らす人が増えてきました。シーシャにいつも同じメンバーで通っている人たちも同じような同調的ギルドで、だいたいインスタはクローズドストーリー投稿、Twitterではほぼ全Tweet相互いいねをしていることが多いです。
世代論とかいまだに信じている奴=おっさんだと思うけどね。
前略プロフィール、mixi、LINE、Twitterでは人との付き合い方変わりますわな。ツールの変遷はUXの違いだし、行動の違いがあるはず。

でも、昔はVineがあったように、今はTikTokあったりして似た空気は感じる。

大学で接してる学生も、ゆとりから脱ゆとりを経てZ世代になってるんだけど、真面目になってきたた思うし、表面上でもキチンとしているようにしている学生増えた気がする。高校でもコミュニケーション必要となる単元も増えたりしていて、グループワークとかに困難抱える学生は減った感がある。
変化に対応して、自分を都度アップデートしていれば、いつでも新世代ですよね。むしろそれが当然だと思います。

同年代で連むのではなく、世代を超えたコミュニティに参加し、多様な価値観に触れ続けていきたいです。

※ α世代…2011〜2025年生まれ。まさに娘世代。子育てと共に最先端にアンテナを貼り続け、自分自身も取り残されないようにしたいですね。
社会の流れとして分析することは悪いことではないと思いますが、こと人のことに関しては団塊世代、ゆとり世代、Z世代と一括りにする子に少し違和感を覚えます。

過ごして来た時代背景の違いは有りつつも、個人として接しないとうまくいかない。
性格も違えば、生活して来た場所も違うのだから。

「最近の若者は。。」と言う言葉は、ダイバーシティの流れに乗せて消した方がいいです。
このような表面的で古い世代からの視点でみたZ世代の分析は、Z世代の人たちからみると「残念」だと思います。

私が認識しているZ世代は、これまでの、どの世代とも軸が違う、特別な層です。軸が違うので、単純に比較はできないのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません