新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
雇用統計が悪かったにも関わらず株価は上昇することは矛盾している様に見えますが今回の危機は政府、議会が一致団結して景気対策を躊躇しないことを確信しているのでしょう。危機の理由が共通の敵であるコロナというのがこの期待感に繋がっていると思います。
3万ドルを値固めするにはもう一段の好材料が必要でしょうか。
債券市場が事実上の機能停止となる中で、マネーは株式市場に集中する展開であるのでしょうから、3万ドルを突破しても上昇基調ではないでしょうか?
もちろん、千ドル単位での下落を伴いながら。それが当然の時代なのかと思います。
逆に雇用統計が悪かったことにより、追加経済対策への期待が高まった格好ですね。
長期金利も上昇しています。
好調なSaaS銘柄の中でも突出して強いスノーフレイクが上場から3ヶ月弱でIPO価格の3倍以上まで株価吹き上がり時価総額も10兆円超え。マルチクラウド化が進む中、最も伸び代ある分野なのだけどPSR100倍以上とバリュエーションも未曾有のレンジに #米株
かつて株価と景気循環の関係性を一貫性のある理論としてまとめた日本人がいます。その方の著書は我々の世代には株式投資のバイブルとされていました。結論は、(1)景気悪化にもかかわらず金融緩和で株価の上がる金融相場(不景気の株高)、(2)景気と企業業績が良く株価の上がる業績相場、(3)景気が良いにも関わらず金融引き締めで株価の下がる逆金融相場(好景気の株安)、(4)景気と業績が悪化する逆業績相場、です。今はまだ(1)です。私の感覚では5-6合目といったところです。
期待で上がり続けてますが、どこまで上がるのでしょう?あらゆる指標が悪くても上がり続けるのはやっぱり変だと感覚的に思います
雇用増加は減速するもドルは回復⁉︎
Premiumを無料で体験
登録・ログイン