新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GoToトラベルに関しては賛否両論ありますが、地域経済をまわすための一手段としてはコロナ対策をしながら実施していくことは賛成です。

イート、イベント、商店街などありますが実態としてそれでも救えていない事業者がいる気がしているなかでどの産業がどれだけ救えているのか次の補正を出す前のタイミングで話ができる必要があります。

次年度や補正予算について、一定平等な経済支援が求められているでしょう。
平日と休日で割引率が変わる可能性があるのは歓迎です。需要期と閑散期の差が激しい業界ではありますが、まずは曜日別の平準化が少しでも進めばと思いますし、長期的には長期休暇の分散に期待したいです。
政治は決断だと思う。
日本国政府は、「感染拡大防止策」「経済復興策」そして「東京オリンピック*パラリンピック開催」の3つを
一度に解決しようとしているように見える。一体全体、そんな事が可能だろうか?
内閣総理大臣菅義偉氏はリーダーとして、重要政策課題の整理は、なされているのだろうかと疑問に思うばかりです。
不都合な事実に向き合わぬ不決断による課題の先送りと「戦力の逐次投入」が悲惨な結果をもたらすことを歴史は教えています。
【経済対策‥としていいのだが】

従来と同じ方法での「延長」は反対。

人と人との接触が感染拡大の一助になっていることは明らかですので、

よーく考えて欲しいと思います。
第三波の報道以降またも予約動向は鈍化していますので、大阪市札幌市の除外などで一層予約動向の悪化を心配しているホテル業界としては歓迎できるニュースです。

希望として、段階的な割引率の縮少などより制度が複雑になる見込みですので、しっかりと準備をしてこれまでの混乱が再発しないようにしていただければと。

加えてホテル業界の方には、この需要を加速していただいている期間中にリピートしていただけるように手を打つべきです。会員制度の案内や次回の割引券などできることは多々ありますが、やっているところはあまり見かけておりません。
withコロナにおいて緩急つけながらも経済を回していくには良い施策。状況に合わせてチューニングしながらもわかりやすく、オペレーションしやすいものであって欲しい。
延期されることはいいと思いますが、人が移動することは、感染拡大の大きな要因と言われていますので、ワクチン接種や抗体検査などを条件にしていかないと、また、同じような感染拡大になる可能性もあると思います。
平日の国内旅行需要換気は投資効率が良さそうなので、ずっと続けた方がいいのではないかと思います。
変更が多くて雑務が大変。安い、お得!な考え方は危険。パンデミックが終わっても消費者マインドは安い、お得から戻れない。なんでもかんでも安ければいいもんじゃない。
welcome トラベル!