新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2001年に始まったアフガニスタン戦争では、米軍と共に、英軍、ドイツ軍、オーストラリア軍なども参戦していました。
 今月、オーストラリア軍が少なくとも39人のアフガニスタン人の民間人と捕虜を拘束後、裁判などの手続きなしに射殺していたことが明らかになりました。新兵などに「度胸をつけさせるために」やらせていたとのことです。
 このことは、オーストラリア政府・軍も認め、謝罪しています。これは、おそらく氷山の一角で、本当に捜査されれば、米軍なども含め、この種のことは山のように出てくるでしょう。米国やNATO諸国が、アフガニスタンで支持されるというのは無理があることでしょう。
 それはともかくとして、中国政府はここぞとばかりにオーストラリアの傷口を広げようとしています。中国政府外交部の趙立堅報道官といえば、「戦狼外交」の看板として知られています。ただ、噛みつく相手はよく選んでいて、米国に本気で噛みつくのはマズイが、オーストラリア程度なら噛みついてもだいじょうぶ、といった判断があります。日本については、噛みつく相手ではなく、むしろ要人を釣って取り込んだ方が得な国、という中国外交の基本方針に沿った姿勢です。別に誰彼かまわず噛みつく狂犬というわけではありません。
 中国は、政府が事実と異なる発表をしたら責任を問われるという国ではないので、オーストラリアの首相が何を言おうと、放置するでしょう。ただし、オーストラリアに噛みつくことのリスクは、彼らが思っているほど小さくはありません。米国や英国は、通常の外交が機能していれば、リスクを取ってでも血を分けた同盟国を守ろうとする国です。
豪州軍がアフガニスタンで市民を殺害したという調査結果を出したら、それを揚げ足取りのように使う中国のやり方はさすがにエグい。もう狙いすましたように豪州いじめをやろうとしていることは明らか。中国の本性が現れている感じ。
この画像は、昨年の香港での抗議行動の際に、中国政府の宣伝作品で有名なったWuheqilinなるデザイナーが作ったものだ。
ある意味これが現在のサイバー戦の最前線。

かつて問題視されていたような、気づかれないいうちに行われる高度なクラッキング技術による情報操作ではなく、こうした明示的にわかる形で行われるフェイク画像や動画を使った印象操作・誘導こそが、今後より重大な影響を及ぼしていくのではないかと危惧しています。

真偽不明なものが流通してしまうと、技術で防衛できないだけに、逆に恐ろしい。

サイバーセキュリティとはハッキングされないことではなく、情報を使った戦いであるという認識が必要。
おまゆうの典型。どの面下げてとか、棚に上げてとか、壮大なブーメランとかいろんな言葉が思いつく。中国は政府の要職にある人間が、下品な発言をすることがよくあるがこれは中国の文化なのだろうか。自分たちが新疆ウイグル自治区や香港やチベットや天安門でやったことを、、、などと言ってもカエルの面になんとかで、無駄なのはわかってはいるが、中国共産党独裁政権は機会があるたびにしっかり非難し続けないと、金が儲かればまあいいという論調が幅をきかせてしまう。
日米豪で一番叩きやすいと見られるオーストラリアが中国の標的にされている。以前は飴(チャイナマネー)によって同国を取り込もうとし、今回は鞭。とてもわかり易い。流石に我が国は耐性がついただろう。
こういうフェイク写真をネットにアップすることが、当たり前になってしまっているという事実を突きつけられています。
SNSだけではなく、メディア全体的にフェイクニュースが横行していますから、私達がネットを通じて見させられているニュースは果たして事実なのか?常に、疑問に思う必要があるのですね。
芸能人の首から上すげ替えヌード写真の方がまだマシと思えるくらいエグイ。

国レベルでやるフェイクじゃ無いでしょう。
仕掛ける発想があまりにも稚拙。
オーストラリアの兵士がアフガニスタンの子どもを殺しているように見えるフェイクの写真(といままでのところは豪州政府が判断)を、中国の政府高官が30日、ツイッターに投稿したのには驚いた。もっと驚いたのはその後の中国政府あげての中国政府高官擁護の言葉。その言葉が尋常でない。普通の外交感覚からすれば、まず「その写真の出処を精査する」というだろう。その後「フェイクの写真を見抜けなかった。豪州に対して失礼した」と言えばすむものなのに。
【国際】印象操作をするために合成写真を捏造したり、写っていたものを消して証拠隠滅を行うのは、ソ連以来の社会主義国家のお家芸だよな。画像自体がアナログからデジタルになったことで、このお家芸はより進化をしているはず。そのうちディープ・フェイク技術と巧みな編集力を駆使して、写真という静止映像ではなく動画も捏造されるようになるだろう。