新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「一人っ子政策」は2016年に廃止になりましたが、原則として3人目は認められておらず、「計画生育政策」は続いています。

2012年には生産年齢人口も減少に転じ、少子高齢化社会の到来が懸念されており、政策の転換は早晩必要となります。

ただし、北京や上海などの都市部では、生活費や教育費などを含む「子供を持つコスト」が高止まりしており、二人目を持つどころか、一人も要らないという若者が私の周りでも増えています。

出生率を高めたいのであれば、政策転換だけではなく、コスト問題の解消も必要だと思います。