新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
銃声は3発、爆竹のようなものも投げ入れられたようです。負傷者は2名です。
 昨日は、もともと「プラユット首相の退陣を求めて1週間の大規模デモ」の初日として予定されていて、莫大な王室財産への批判として王室財産管理局に向かう予定でした。しかし、不敬罪を適用され、デモ側は場所を変更、国王が最大株主をしている銀行の本社前でのデモになりました。
 無風で終わりそうでしたが、最後で、何者かが銃撃しました。タイのデモは、反対派から狙撃されたり手榴弾などを投げ込まれるのは多くの先例があります。
リビアのカダフィーやエジプトのムバラクなど独裁者が失脚した約10年前のアラブの春の再現になりかねないですね。今はコロナ禍で止まっていますが、アラブの春に見舞われた国は未だに治安が安定せず、欧州に難問が流れ込んで、極右の台頭を誘発しました。タイも警戒すべき状況です。背景にあるのは、米中対立など大きな国際社会の構図でしょうね。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン