新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この論文だけから「女性のほうが周囲の環境に影響を受けやすい」と推論するのは早計だと考えます。小児機の虐待は男女問わず生涯に渡り心身の健康に悪影響を及ぼし得ます。

虐待と健康リスクの関係はすでに米国で大規模な研究が行われ、その関連が証明されています。男女問わず、虐待は肥満のリスクとなります。

虐待の長期的な心身への悪影響については逆境的小児期体験(Adverse Childhood Experiences: ACEs)スコアを用いた米国の大規模調査が有名です。このスコアが高くなればなるほど、心身の健康へのリスクが大きくなり、平均余命も短くなることが示されています。
https://vetoviolence.cdc.gov/apps/phl/resource_center_infographic.html

虐待防止は社会として本腰を入れて取り組む必要があります。

ACEスコア日本語版
https://www.acesaware.org/wp-content/uploads/2020/06/ACE-Questionnaire-for-Adults-De-Identified-Japanese.pdf
この論文だけから多くの結論を導くのは難しいですが、男性では肥満と社会的背景の間に関連性が指摘できないにもかかわらず、女性では、収入や教育レベル、虐待といった社会的背景と肥満の間に関連性が指摘されたという性差は生物学的に興味深いところではあります。

また、虐待に関しては、年齢や教育レベルといった交絡因子を調整した上でも関連性が指摘されており、もちろんここで取り扱うことのできていない交絡因子を指摘しうるものの、今後の研究に繋がりうる興味深い研究結果です。

引用文献
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0242105
相関関係は必ずしも因果関係を保証しないわかりやすい例かと。
この論文を否定するつもりはありませんし虐待はダメですが、肥満という様々な要因が複雑に絡み合って出来上がった結果を「(生物学的に)男性か女性か」の2つの要因のみで説明するのはなかなか無理があることが多いと思います。

虐待はダメです。
神戸市のアンケートを元に神戸大が分析したとのこと。女性の方が差が出やすいのは何故なのでしょう..
関連記事一覧
小5女子に体操着の下の肌着・ブラ禁止 汗で風邪引くと禁じる小学校の校則が物議「性的虐待では」(2018年5月18日)
BIGLOBEニュース
23Picks

1人5千万円の補償要求に110万円提示の中国側…膠着状態破った「親の悲しみに国境なし」 : 社会 : ニュース
読売新聞
14Picks

“女性指揮者限定”の国際コンテスト開催は「男性差別」なのか? | 指揮台の不平等「これまで数百年待ちました」
クーリエ・ジャポン
5Picks

米国レポートが二階幹事長を「親中派」と名指し 習近平の「反日演説」に媚びへつらい
デイリー新潮
5Picks

「高級タワマンと高級外車をもつ親の子」に待っている相続地獄というリスク - "税金を払えない"最悪シナリオ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
3Picks

医学部受験9年浪人の女性、なぜ母親を殺害?医学部多年浪人のリスクと親の“教育虐待”
ビジネスジャーナル
2Picks

「いつかこうなると思った」 元職員の予感の背景にあった「虐待」
毎日新聞
2Picks

児相対応件数は過去最多。人生をむしばむ「虐待の後遺症」と「毒親という罪」
LIMO
2Picks

親を好きになれなくても仕方ない。好きになれないことを親はしたのです - 矢吹透 - 幻冬舎plus
BLOGOS - 最新記事
2Picks

あぁ、やっぱり。お受験合格率95%! 育ちがいい子の「親の教え」共通点 - だから、この本。
Diamond Online
2Picks

Premiumを無料で体験
登録・ログイン