新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外の精子バンクを利用して2人の子どもを産み、同性のパートナーと一緒に育てている女性の物語です。

子どもだけではなく、保育園や小学校など周囲の人々にも事実を伝えてきたのはなぜか。くみさんの子育てにおける信念が印象的でした。周囲に伝えるきっかけとなった、校長先生の力強い言葉にも胸を打たれました。

4回目の記事で紹介したように、第三者の精子で生まれたことを大人になってから突然知り、悩み苦しむ人々がいます。苦しみの大きな理由の一つは、親との信頼関係が根底から崩れてしまうことです。

最近ではそれを避けるため、幼い頃からわかりやすい言葉で事実を伝えていくことが推奨され、そのための絵本も作られています。

精子バンク特集は今回で最終回です。日本が今後、営利目的の精子バンクを受けいれるのどうかは、まだわかりません。でも、もし受け入れるのであれば、生まれてくる子どもの権利や立場が最も尊重され、子どもたちにとって最善の環境が整えられることを願っています。
今回の特集は、家族の定義、また、生殖技術がどこまで許されるのか取材をしながらも学び、悩むものでした。

いろいろ文化により、家族、夫婦への観念は違います。それでも、読者の方に、今回の記事のように、普通とは少し違う選択肢を選んで家族を作る人を知り、多様性について考えていただけたらと思いました。
未来の家族のあり方は多様化する。少子化と向き合うなら、多様な子どもの持ち方や経済支援をまず先に考えるべき。