新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
白桃書房の運営されているエドガー・シャインの特集ページに私のインタビューが掲載されました。(写真がでかくてすいません・・・)

自分自身は、企業変革やイノベーション推進を中心に研究と実践支援を行っている身ですが、実践のプロセスにおいて、エドガー・シャインの『プロセス・コンサルテーション』には学ぶことが多くありました。
このインタビューでは、『プロセス・コンサルテーション』の考えを入り口にしつつ、企業変革について、実践について、色々と語っていますが、とりわけ、あまり今まで語っていなかったことで言うと、ここ数ヶ月で考えるようになったのは、自分は、企業経営の中にケアの思想を取り入れたいのだな、ということがあります。
これをベースに、企業変革やイノベーションの推進を図る、というのが自分の目指したいところなんだなと。
ケアというのは、痛みを取り除くとか、元気な人をもっと元気にするとかではなくて(ミルトン・メイヤロフの言葉を引き出すまでもないことですが)、その人や組織にとって必要なことをすること、そして、そのことを通じて、自分自身もまたケアされる、ということであろうと思います。

そんな観点で、最近考えていることを色々と語っていますので、よろしければご一読ください。