新着Pick
264Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「実態経済を伴わないからこんな相場は続かない」
そういう人がたくさんいると、さらに相場は盛り上がります。売る人がいるからです。
日経平均は29年ぶり高値を追っていますが、 TOPIXのチャートを見ると歴史的な天井近辺です。何度もトライして弾き返されてきた。怖さしかないチャート。
圧倒的に上がると信じる人が多くなった状態が危ない。売る人がいなくなるとこれ以上上がらない、という需給の問題になります。
私の相場感は実体経済よりも需給派です。
マザーズでは、サイバーダインなども昨日はストップ高になっていましたね。

今月初めに、アブダビ投資庁が日本株への投資スタンスを変えたと言うニュースがありました。日本株に特化していた小規模のチームを閉鎖し、3人のポートフォリオマネジャーも退職したそうですが、閉鎖の判断はもう少し待った方が良かったかもしれませんね。
PERは24倍。昨年の今頃は12倍程度でしたから倍増です。利益が下がっているのもありますが、それ以上に大きいのは、「期待」と「流動性」。
因みに、後者を裏付けるのが、ビットコインの価格です。現在180万円超えと、過去1か月で50%の上昇です。
格差社会と資本主義の限界かな?個人的な見解として、富裕層にとってお金の価値はどんどん下がっているが故、株式市場の株価は上がり続けるというロジックを見立てている。
米国株も上昇しており、出遅れ感が強かった日本の株価も堅調ですね。

一時前日比を下回りましたが、プラスに転じました。

相場の地合いの良さを感じさせます。
プレーヤーとは別の視点からです。ご容赦ください。
けさの毎日新聞の一面コラムを紹介します。
「ブル(雄牛=強気)相場は悲観のもとで生まれ、懐疑のなかで育つ。楽観のなかで成熟し、熱狂とともに消える」。伝説的投資家テンプルトンの言葉だそうです。実体経済と無関係に進む世界の株高について綴っています。
ワクチンへの「楽観」が危うくなった時の「熱狂」の消滅を私は懸念します。山高ければ谷深し。崖が一番怖いです。なだらかな坂道になることを期待しています。

余録です。
https://mainichi.jp/articles/20201118/ddm/001/070/064000c
新型コロナワクチンの開発の他に、いわゆるGOTOキャンペーンによる各地域での経済回復も相まっているのでしょうね。
ビットコインも1,700万円超を推移していますが、これに関係しているのでしょうか。
新型コロナワクチン開発への期待などもあり、日経平均株価は2万6014円62銭で取り引きを終え、29年ぶりの高値でおわっています
この相場でさらに貧富の差が広がるんだろうな。
お金がある人は投資し儲ける。
お金のない人は投資できず現金預金、インフレも重なり現金の価値は下がる一方。
コロナを機に2極化が進みそうです
29年前と構成銘柄も変わっているので、高すぎるとは言いきれないと思われます。インデックス投資の素晴らしさを存分に味わう瞬間かと。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア