• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

行政手続き上の押印 「認め印」はすべて廃止の見通し

NHKニュース
866
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 米アマゾン本社 Sr. Vendor Manager

    素晴らしいですね。
    行政手続きの次は、行政内部の決裁プロセスに踏み込んで欲しいです。大臣決裁(質問主意書や答弁書の確認等国会会期中は頻繁にあります)だと30-40ほどの決裁権者がいて建物移動して説明して修正してハンコを集めて回るだけでも相当な労力を要します。決裁の簡素化、電子化が進むと、より重要な業務にリソースを注力できるようになります。


  • 自治体職員

    自分の職場の整理もなかなか大変でした。
    しかし、これで市民の方にとって、かなり利便性が高まるはずなので、整理する作業もワクワクしてましたよ。
    具体的な運用例考えないといけない事もありますが、それもしっかりやっていきたいな。


  • badge
    近畿大学 情報学研究所長 特別招聘教授

    もともと認め印は三文判と言われるくらいに何の証明効果もなかった。が、これがなくなると、一気にデジタル化も進められる。なぜなら印鑑はリアルでないと「押せない」から。もちろんデジタル印鑑というコンセプトもあるが、それはもはやPWやIDなどで本人確認が取れれば必要ない。え、それではセキュリティが、という人は、では今の認め印のどこにセキュリティがあるのかという問いはしない。社会は少しづつ前進する。少しの進歩だが、この一歩は大きい。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか