新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
冒頭に触れられている駐ミャンマー大使の丸山氏は、外務省きってのミャンマー専門家。いわゆるキャリア(Ⅰ種/総合職)組指定席の一つとも言えるミャンマー大使に、ミャンマー専門家が就任したことは重要と思う。留学時代からの人脈を十二分いかせる。若いときに同世代の友人として付き合っていた現地の政治家やビジネスパーソン、有識者が、20年もすると大臣や大企業幹部、国を代表する知識人になっていたりするものです。肩書きだけではない、旧友としての付き合いが各方面にあるというのは強力。

もちろん、大使というポジションは専門家としての顔だけでなく、大使館を運営する力や統率力、調整力も必要なため、それらも兼ね備えることが必要だし、大使に登用するときは、職種に関係なくその資質があるかをしっかりと判断すべき。