新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジェンダーでの差を論じるのなら 男性の数字が欲しい。
これは想像だが、個人の成果が評価されにくく、年齢・性別による「アンコンシャスバイアス」が高く同調圧力がある日本では、 自分の能力を過小評価してしまう傾向があるのでは。
平山さんのコメント(男性でも同じような結果ではないか…)にもありますが、私も「最近の若い男性も出世したくないという人が増えてる」と聞いたこともあります。

もう少し言えば、我々世代と較べると下記のような二極分化が進んでいる気がします。

①仕事はそこそこでプライベートを充実したい派
②プライベートを犠牲にしても成功したい派

我々世代の多くは①と②の真ん中がマジョリティでしたから。

人生色々、仕事も色々です。会社で出世したり、起業して成功したりすることだけが偉いわけではありません。
ただし、成果主義の傾向が強くなる中で、①のような方々の収入が減るのが心配。収入が減るとプライベートの充実にも支障が出ます。

アメリカは確かに実力社会ですが、全体の給与レベルが高いので①みたいな人でも(それなりの会社にいれば)結構な収入をもらっていますから。

男女に関わらず、(仕事でもプライベートでも)自分の生きがいを持って過ごせる社会になればいいですよね。NP的には甘いですかね…
>「日本の女性のキャリア形成に対する期待値の低さが現れる結果となった」
いや、比較対象がないとこのような結論は言えないのではないでしょうか?

セグメント毎に同じアンケートを実施し、属性による違いがようやく見えてくる。例えば、
他国の女性に対して、日本の女性は・・・
男性に対して、女性は・・・
男性の数字やほかの国の数字と比べてみないと低いかどうかわかりませんね…
質問や回答分析の粗さはさておき…。

〉「政治家が格差解消のために努力すべき」と答えたのは68%に達した。
残念ながらダイバーシティが弱い政治に期待しているうちは、格差解消は遠い未来の話です。
現状の日本社会では、男性と比較して、女性の方が上級管理職で活躍されている方が少ないので、そういった方々の近くにいたり、一緒に仕事したりして、ロールモデルとして認識できないと、なかなか「ああなりたい」とは思えないでしょうね、それは自然だと思います。

この現象は、男性でも似たようなところがあり、身近に良いロールモデルが不在だと、そこを目指す人達はでてきません。

つまり、上司がすばらしい人であれば、その人をロールモデルにして、目指せますが、そうでない場合には難しいということです。

そう考えると、ロールモデルとなる人を持つこと、ロールモデルとなれる人を育てることが大事ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
男性でもこんなもんだと思うけど。
「女性のため」が強く出すぎると意味わからないことになるので、やっぱり性別や国籍、年齢などが入り混じったフラットなバイアスをもっと作っていかないと、新しい利権が生まれている気がしてます。
質問がわからないが、「今の会社にずっといて幹部昇進したいですか?」という趣旨の質問に捉えられてる気がする。
昇進する云々というよりは、今の会社をずっと続けたいかどうかみたいなとこの影響が大きそう。
男性に聞いても意外と同じくらいの数字になるように感じます。