新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の民間航空機製造業は、YS-11以来は、主にボーイングに乗っかって成長してきました。1980年代の767に始まり、90年代の777、2000年以降の787と徐々にその分担割合も増え、787は3割を超えており準国産機という言い方をされることもあるくらいです(個人的にはアビオニクスにまったく国内勢が食い込めていないのでこの言い方は不適当と思いますが)。
コロナの影響で特に大型機777の新型である777Xは製造スケジュールの遅れや発注のキャンセルが出ることが予想され、その点で777X関連の部品の受注にも影響が出ると考えられますが、787については777Xからのオーダーの切り替えも出てくることからそこまで大幅に受注が減ることはないのではないかとみられます。777Xにおいて日本企業の分担は2割程度で787ほどではありませんので、日本の航空機製造業が再起不能なほどの打撃を受けるというのも大げさかなと思います。

ただしやはり巨人ボーイングからの受注を得にくくなるのは好ましい状況とは言えず、各社はエアバスからも受注を得られるような体制をとる必要があるでしょう。

またMRJについては、2030年代をにらんだ新機種として再度練り直したほうが結果としてうまくいくように思います。ここ数年の市場はエアバスとエンブラエルに明け渡し、雌伏の時を過ごすよりないでしょう。
読む人に混乱を与えるコンテキストだと思います。

1.国産ジェットの希望が絶たれた
2.国内航空機産業がマズい状況に

という2つのことを分離せずに書かれている気がします。

1については、戦後、米国により差し止めされていた国産ジェット機開発の空白の時間の大きな損失が明確になったということです。いかに、技術があっても、人材の空白期間は取り返しがつかなかったということの証明でもあると考えています。

2については、ボーイング関係の仕事が多い日本の航空機産業にとっては、ボーイングの経営の厳しい状況が、もろに影響するという話です。産業全体としては、こちらの方が厳しいかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
要は踏んだり蹴ったり。
良い話は全く無いって事ですかね。
ボーイング・ショック、とあるけどエアバスなどは減産してないということ? 何でボーイングだけが減産しているかは書いてない
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
3.47 兆円

業績

業績

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英語: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。川崎重工業(KHI)とIHIと共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
1.05 兆円

業績