新着Pick
747Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
菅政権の「最初のスキャンダル」(by Financial Times)となった日本学術会議の新会員の任命拒否問題について、経緯と背景を整理したうえで、「何がそれほど問題なのか」をスライドで徹底解説します。

問題発覚から1ヶ月が経ちましたが、首相の口から具体的な理由の説明は未だなされず、膠着状態が続いています。その一方で、学術会議についての誤情報が拡散したり、問題を起こした側である政府・与党が学術会議の改革を検討したりしている今の状況は、不思議かつ不気味に感じられます。

最大の論点である「任命拒否は違法・違憲か」「監督権があるのかないのか」についても丁寧に解説しているので、ぜひご一読を。

ちなみに、(たまたまなのですが)配信日の今日(11月3日)は「文化の日」。「自由と平和を愛し、文化をすすめる」祝日であり、「学問の自由」や「思想・良心の自由」「言論の自由」を保障する日本国憲法が公布された日でもあります。

記事中でも指摘されているように、こうした「自由」は、なかなか数字で測りにくく、脆弱なもの。これらの「自由」を脅かすのではなく、むしろ積極的に守ることが、政府の本来の役割なのではないでしょうか。

また、スライド内で少し紹介している、学術会議がこれまでに出した提言などは、下記サイトから読むことができます。http://www.scj.go.jp/ja/info/index.html
こういう問題は、それぞれの立場にあわせて、材料を組み合わせれば、どちらよりのストーリーもつくれる。結局、どちらも最初に結論ありき、なので、「あの人は、こう言っている」、「私はこう思う」、だから立場が違う、以上議論終わり、ということになる。それ以上発展しない。
 そのような議論を見ても、あまり建設的な気がしない。むしろ状況の全体俯瞰が重要だ。この状況を俯瞰すると、その本質は、「規範」を重視する立場と「結果」を重視する立場との対立のように見える。
 規範は、所詮、人が予め頭で考えたものなので、時代の変化の中では、規範が状況にそぐわないことが出てくる。そこで、結果を中心に考える人は柔軟な対応をしたくなる。リーダーシップが重要な状況になる。しかし、規範を中心に考えている人は、規範を守ることを絶対視するので、結果を重視する人との対立が避けられない。
 しかし、一方で、結果主義を野放図に許すと、チェック機能が働かなくなり、独裁的な状況になる危険もないではない(ただし、今起きているトランプ氏を初めとする状況はすべて民主的な手続きで行われているという意味で、伝統的な独裁的な状況とは質的に異なると思われる)
 世の中の変化がどんどん加速度的に速くなる中で、この「規範」vs.「結果」の対立は、あらゆる場面でますます増える。むしろ、議論すべきは、「規範」vs.「結果」の対立に、社会全体でいかに向き合い、これを越えていくかではないだろうか。
 このこのような問題の本質を踏まえた議論が、メディアを含めて、冷静にできるようになればと思う。
第二次世界大戦に対する反省の意味で(おそらくGHQの肝いりで)つくられた、旧時代の遺物のような組織ですね~。

発足から今日に至るまで、日本自体も日本を取り巻く国際環境も大きく変化しました。

なんのかんの言っても、GDP世界第3位の大国です。

現行憲法もそうですが、時代の変化に応じて変えていくのがあるべき姿だと思います。
任命拒否は違法であり、一方で、違憲ではないという結論は妥当だと思います。安倍政権、菅政権と「法の支配」の軽視が続くことは非常に問題です。が、こういった問題が支持率にそこまで響かないからこそ、こういった、見る人が見ればすぐにわかる、トンでもないやり方がまかり通っちゃっているんでしょうね。トランプがデマをまき散らしつつっも、大統領になり、かつ、一定の支持率を集めていることとある意味同じ構造かと。
こちらの#学術会議 記事についてのコメントをツイッターで連投したので貼っておきます。https://twitter.com/sendaitribune/status/1324208121955250177?s=20
この話は賛成派も反対派も自分の都合の良いように主張できるので、議論となっても平行線を辿る気がする。。。
論点と、その論点に対する見方というのは提示されているかと思う。見やすいし。

複合的になってしまいがちな話題だと、論者もポイントずれてしまうので注意が必要。そもそも、大学にもいくつか学会にも所属してるけど、ここに関わってた自覚のありません。ペーペーだからか。とはいえ研究の軍事利用については理系の大学だったこともあり、いろいろと話が出ていた記憶かあります。

科学もいろいろと領域は広く、イメージされがちなのは自然科学や工学でしょうが、社会科学や人文科学も科学であることを一般に知らしめた効果はあった気がします。ネガティブなイメージになってしまいましたが。


学術会議に関わらず、個人的にはこの話題はニーメラーの詩を思い起こします。
政府が強引に進めたようにも思えるし、記事自体が政権批判のようにも見受けられる。

NewsPicksらしいですが、記事のボリュームがすごすぎて食傷気味です。PCで見ていましたが、マウスのホイールを何回転させたことか。
論点整理とはいえ、黒と赤の背景は「悪」を想定してしまい、中立的な見せ方だと感じられませんでした(他のオリジナル特集記事も含めてですが)
他国では非政府機関なんだし、批判するより脱退して、独立機関を作ればいいのに(この記事は読む価値なし