新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついにアップリのバンドルサービスがスタート。
成功の可否は中身のコンテンツ次第だと思います。
日本だと現状のAppleTVのコンテンツでは課金しようと思わないのですが、それと同じでゲームや音楽、TVにどれだけ強いコンテンツを各国でローカライズしたかたちで提供できるかだと考えています。

個人的にはバンドルでなくてもバラ売りでよくて、音楽はSpotify、動画はNetflix、ゲームは各社あるのでそれぞれ強みのあるサービスを利用する方向ですが皆さんはどう考えているか気になりますね。
日本では、魅力的なコンテンツが少ないように感じます。

動画や音楽に至っては、強力な競合他社がたくさんありますし。
コロナが長引く今、Apple Fitness のアメリカでの需要は凄そうですね。外部のフィットネスのウェブサービスもありますが、記録のトラッキングが好きな人にはバンドルされているのは便利でしょうね。

Apple One 自体も、音楽だけでは引きが弱い部分を総合力でカバーするという意味では賢明な戦略ですね。
Appleの環境は、Apple製品で全部揃えることで最高の体験を享受できる仕組みなので、中立性を重視したい私は、手を出しません。

最近、あまり意識されていませんが、Steveが存命の頃から、Appleの独占欲は非常に強く、いつでも囲い込みの戦略をとってきました。

Apple Oneで全てAppleというのも良いかもしれませんが、私は以下のように、餅は餅屋で楽しみたいと思います。

動画:Netflixとamazon prime
音楽:amazon prime
ドライブ:Google Drive

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
どのプランもApple TV+とApple Arcadeが入っているのがポイントなのかな。
お得になる金額は両サービスの単体契約料金の合計とほぼ同じ。
いまいちぱっとしない(好調とするニュースが無い)サービスのテコ入れ策にも思える。

まとめて安くなるのはユーザーにとってプラス。たた、アーティストやゲーム会社へ配分する原資はどこから出るのか気になる。極端な話ですが、全ユーザーがApple Oneを契約した場合、月額料金の収入だけでサービスが成立するんだろうか。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
229 兆円

業績