新着Pick
91Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三洋電機を買収した際に手に入れたバッテリー事業をベースに、この10年パナソニックが全力で力を入れてきた分野です。それが黒字化が視野というのは一見するとすばらしい結果ではあります。

ただ、このようなキーデバイスの場合、短期的に黒字化するだけでは大した意味はありません。過去も液晶関連部材を例に挙げるまでもなく数年で利益がピークアウトし、その後は過当競争で全く稼げなくなったものが多数あります。

この分野で単独供給体制が取れることはまずないですが、マルチベンダー化したとして、長期的にどのように競争優位性が築けるのか。買収が合従連衡も含めて、今後のパナソニックの舵取りに注目です。
パナソニックはテスラ向けの新型バッテリーを既に開発に着手していると明らかにしました。
【2020年度 第2四半期 連結決算短信・補足資料】
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/10/jn201029-2/jn201029-2.html

また2021年3月期の営業利益予想については据え置きとなりました。
つい最近着手ですか?

『テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が新型電池「4680」の構想を公表した直後から開発に着手し、試作ラインの準備も進めているという。』
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.73 兆円

業績