新着Pick
295Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「長時間労働」と「プロ意識」は相関しないと思いますが…
逆に、長時間働いていれば、プロ意識が生まれるのか、というと違いますからね。

そうするとコンサルタントとしての「プロ意識」とは何か、という話で、これは本当に個人個人で大きく異なると思いますが、私にとっては
「クライアントの期待値を超える」
ことです。

ここで「クライアントの」という点がポイントで、時々「自分の理想」を追求し過ぎて、もはや自分の知的格闘のためにやっているのか何なのか…となってしまっている事があります。アーティストであればそれで良いと思うのですが、ビジネス界でのプロフェッショナルとしては、投下する経営資源とアウトプットのクオリティのバランスが重要かと思っています。
特に私たちのように時間単価が定められている、更に現在のようにビジネスのローンチにスピード感が重要になっている世界においては、「如何にクイックに、高いクオリティのアウトプットが出せるか」は重要になっていると思います。

もちろん綺麗ごとではなく「クライアントの期待値を超える」ために、私がコンサルになり立ての10年以上前は2徹、とかありましたし、その頃の経験は貴重なものだったと思いますが、当時から事業環境は変わっています。

要は長時間労働という力業で出せるパフォーマンスの多くは、AIを始めとしたテクノロジーに置き換わり、私たちがフォーカスすべきは力業ではない領域(例えば発想力や、エコシステム形成に向けたステークホルダーの巻き込み力、実行力など)ではないかと思います。

更には「高給人材派遣」と揶揄される人工型ビジネスからの脱却に向けて、コンサル自身がサービス提供主体になるなどのビジネスモデル変革が重要になっています。

その辺りの大きなトレンドを踏まえて、自分がどのような時間の使い方とバリューの出し方が可能なのかを考えていく転換期にあるのかな、と思っています。
確かにコンサル企業で働き方改革の波は否応なく押し寄せています。弊社でも、「Project PRIDE」の名のもと大規模な改革を実施し、社員の残業時間は大幅に削減されています。その意味で、十年前のコンサルタントと今のコンサルタントで意識に違いがあるのは当然と言えます。

しかし、求められるプロ意識自体にも変化があることを忘れてはいけないと思います。コンサルはビジネスの特性上、人月商売になってしまうため、月単価に対していかに価値を出せるかを意識してきたのがこれまでのコンサルです。価格固定で、勤務時間を動かしてアウトプットの質を上げていたわけです。

近年では、ソリューション売りや成果報酬スキームなど、契約方法の幅も広がっており、必ずしも人月単位の売り方で勝負するわけではありません。これまでとは逆に、勤務時間固定でアウトプットに応じた価格を変動させていく時代になっているわけです。

つまり、現代のコンサルに求められるのは、決められた時間内でいかに高品質のアウトプットを提供するか、そのプロ意識だと言えます。
新卒でコンサルに入って1年目。本当に仕事ができず辛かった思い出ばかりです。一番きつかったのは地方のお客様の案件で、どう担当モジュールを進めてよいかわからず毎晩夜中3時までお客様のビルに残って資料を漁り、ウィークリーマンションに帰り3時間寝て、8時過ぎにプロジェクトルームに出勤していた時期ですね。
ですが2年目、3年目になりますと、仕事の勘所もつかむことができ、毎日20時過ぎには帰っていましたね。楽しい懐かしい思い出です。

さて、確かに上述のような長時間労働もしてきましたが、必ずしもそれとプロ意識がセットになるわけではないかと。

「プロフェッショナルとして顧客にバリューを出す」このことを上司・先輩から徹底して言われ続けたことが一番プロ意識の醸成に役立ちました。最初はバリューを出すために時間が掛かりますが、頭を使い生産性を高めることを求められ続けることこそがプロ意識醸成に役立つと思います。
コンサルティングファーム勤務です。
私の会社はどちらかと言うと旧態依然の体質で、働き方改革とは無縁です。笑
常に納期との闘いで、深夜、休日問わず仕事しているような状況です。
そのため、これだけ仕事していれば嫌でも仕事を覚えますし、周りも同じ状況なので、必然とプロ意識も芽生えてきます。

同業他社をみてもあまり差を感じないので、コンサルティングファームはこれがスタンダードなのではないかと常々思っています。
元コンかつブラックという概念のない時代に長時間労働していたものですが、長時間のハードワークというよりは、アウトプットのクオリティに対するプレッシャーの高さがプロ意識を育てていたと思います。しかしながら、当時も長時間労働をしていなかった他国オフィスも多々あり、でも同僚もプロ意識も高く、優秀な人々が多かったです。しかも良い人たちが。

この問題はコンサルやビジネスに限らず、スポーツ含めて日本全体に当てはまる問題な気がします。軍隊式以外の教育方法はないものでしょうか。
私はコンサルティングファームでの勤務経験はありませんが、投資銀行でアドバイザリー業務をやっていた時の経験から、プロ意識の醸成は圧倒的な当事者意識による意思決定の回数によると考えています。
本文でもどう育てるのかに対する見解は示されていませんが、当事者意識を持てるか否かにかかっていると考えます。

当事者意識を生み出す原動力は”強迫”と”共感”にあると考えています。修羅場は強迫につながるので追い込み易いですが、修羅場を作りにくくなった状況では共感を生み出すしかありません。
こうなると地頭さえあれば誰でもいいという採用には限界があるので、採用時から高い精度でのマッチングが必要になりそうです。
コンサル不要論、◯◯不要論、などなどありますが、
その価値を持っていない方からしたら、その価値を持っている方は価値であり、そこに対価が発生するというのは至極当たり前のことだと感じてます。

やらされ仕事としてコンサルの仕事をしている方に出会ったことがあまりなく、自発的に何かを提供している方が多い印象。
現実にはきれいごとを言っていられないので大変ですよね。
なぜコンサルに限ってプロ意識を語るのかよくわかりません。by 元コンサル

専門性はやはり事業会社でこそ身につくかと。でも専門性≠プロ意識だしなあ。