新着Pick
202Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一番いいのは、子供を多く産めば産むほど所得税率が下がる、フランスが導入している N分N乗方式だ。これを導入すると、高所得層ほどインセンティブが働き、多くの子供を産む。すると子供に支出が増えるから、経済が活性化される。G1U40で出ていた意見だ。
素晴らしい。実はソフトバンクが随分昔から「第三子が産まれたら100万円支給、4人目は300万円、5人目は500万円!」という素晴らしい制度を設けているけど、「100万円もらえるなら3人目産もう」とはなかなかならず(そりゃそうだ)、利用は限定的だそう。

タマホームが「ふたりめ会議」っ てCMをやってたけど、圧倒的にカベがあるのはむしろ第二子だったりする。

共働き家庭における1人目の子育てで主にママの方が「仕事と子育てなんてムリゲー」ってなってしまい、2人目にはなかなかチャレンジできなくなる。そしてこの2人目へのチャレンジの鍵を握るのが他ならぬパパの家庭へのコミット度なんだよなぁ。

『産みたいと思える人が産める社会に』が少子化解決に向けたキーワードだと思う。
堀さんに完全に同意します。フランスの少子化対策・社会制度「産めば産むほど有利なシステム」をパクってみればいい。
1.所得制限なしの家族手当。日本と違い、1子の家庭には支給されない。
2.N分N乗方式(堀さん)
3.家族補足手当。第3子から支給。
4.3人以上の子供の養育で年金が10%加算される。
5.職業自由選択補足手当。働き方の自由化。
6.出産費用(産科の受診料、診断費etcも)の無料化。
北欧の家族計画は効果的だと思われるが、時間がかかる。短期でどんどん動いていって欲しい。
4人産んでみたので、ぜひシクヨロです。
追記:
でも、精神的には一人目が一番辛かった!子供は手がかからない方だったけど、社会から隔離された感が。一人っ子ママも、結構全力だし、大変だよ!!
出産してない女性に1人目を産んでもらうよりも、2人くらい産んだ女性に3人目以降も頑張ってもらう方がハードル低いもんね、たぶん。

支援の内容は書かれてないけど、これ中途半端に数百万円とかの支援じゃ意味がないと思う。子ども育てるには数千万単位の覚悟が必要だし、3人以上で今の保育支援体制だったら仕事を辞める選択が色濃くなるだろうから旦那さんの負担は増える一方だろうし、ビッグダディーのとこだってテレビで見せてるいいとこばっかじゃ決してないだろうし。

昔の大家族を復活させるには、祖父母世代の就労も見直さないといけないし(二世帯だからって育児頼めるとは限らない)、昔と違ってかかるお金もけた違いだし、なんかもういろいろ大変そう。

結論は、産みたい人がちゃんと産めるような支援が重要であって、どこかに重点を置いてどうこうって話じゃないと思う、この問題については。教育費の無償化とかね。
第3子の支援は素晴らしい!だが、実際の最大の試練になる第2子の時にも光を当てていただきたい。
また「大家族」より、共助の地域システムやコミュニティが必要なのでは?家族が責任を持つのは大切だが、システムが家族に依存すると、社会は多様性を失う。

あと豆知識。二世帯住宅でも出入口が分かれていて、中で行き来ができない建物は、住宅ではなく共同住宅扱いになります。基準も厳しくなるのでご注意を!
ここまで言うのは珍しい。これは期待したい。うちも3人目頑張る。「(従来とは)次元の異なる大胆な施策を検討していきたい」
戦後直後(1947年)の合計特殊出生率は、4.54人(!)だったわけで。かつてより圧倒的に豊かになったはずの現代で、できないはずは無いかと。でも、周りを見渡すと2人目の壁があるように思える。行政、会社ともに子育て家庭を支援する施策を増やしていきたいですね。そういう我が家も3人目が年末に。もうカオス必至(笑)
第二子まだな家なんですけど、壁高いです。
いくら家事育児の主力が私であっても。。。(転職すると産休育休取得の入社後の期間のルールが引っ掛かるってのも現実的な話)
税金が下がるなら、子供どんどん増やしたいです! 日本は高所得者のモチベを下げる税制なのを何とかしてほしい (>人<;)
株式会社時事通信社(じじつうしんしゃ、英語: Jiji Press Ltd.)は、1945年11月に創立された日本の民間通信社である。国内78カ所、海外27カ所の支社や総支局を有する。 ウィキペディア
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
5.15 兆円

業績