新着Pick

アップルやグーグルが「哲学」にお金を投じる訳

東洋経済オンライン
近年、私は「哲学思考」を用いて企業向けコンサルをしてきました。「哲学を用いたコンサル」というと、なかなかイメージがつきにくいかもしれません。それは、哲学的な知見や思考をもとに、社内のさまざまな問題や…
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
変化のスピードが速く、先が見えない不透明な時代において、、また、サステナビリティが求められる時代において、「正しい経営」がますます求められていますね。そして、企業の哲学・理念(フィロソフィー)と、真善美などの教養・智恵こそが、経営者はもちろん、個人一人ひとりがその時々に下す判断の拠り所になると感じています。
その重要性と、実践事例などがまとめられた良記事ですね。
しばらく「アート志向」が話題になってきましたが、これからは「哲学志向」と呼べるようなアプローチが増えてくるのではないでしょうか?
コロナを筆頭にVUCAの時代の中で、もはや各国の法が新しい変化について行けない事態が散見されています。
ビジネスの場では、企業間訴訟や一個人が企業を訴えるなどということも頻繁に起きています。

そのような時代に、法でない規範として倫理・哲学(正しい、善いという価値感覚)よりが重要であるという思想が広がっています。

特にGoogleの行動規範にある「Don't Be Evil(邪悪になるな)」が以前から、有名です。
もっとも、Googleは、この方針通りに経営判断がされていないことに社員が反発する事象も起きていますが、、、
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00155/082600026/
この記事に哲学が感じられない
Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。カリフォルニア州クパチーノに本社を置く。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
335 兆円

業績