新着Pick
954Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の「ディープな科学」は、ネアンデルタール人と現生人類が交配していた、という世紀の発見をテーマにお届けします。
執筆してくださったのは、東京大学の新村芳人・特任准教授です。

1990年代前半、琥珀の中に閉じ込められた数千年前の生物、あるいは恐竜のDNAを解析したという論文が次々と発表されたのを覚えている方もいるかもしれません。
しかしこれらは皆、他の生物のDNAが混入したことによる誤った結果でした。

今回の記事の主役であるペーボ博士は、混入を防ぐあらゆる手立てを講じた上で、ついに、本当に古代のDNAを解読することに成功します。

ネアンデルタール人のゲノム、そして彼らと現生人類の交配についてまとめた論文は、2010年5月、米科学誌サイエンスで発表され、反響を巻き起こしました。

記事の冒頭と最後で紹介される、ペーボ博士らの新型コロナに関連するつい最近の報告も興味深いですが、もう一つのポイントは、なぜミトコンドリアになかった混血の痕跡が、核のDNAにはあったのか、という点です。
そこから推測されるネアンデルタール人と現生人類の邂逅に、意外だと感じる人も多いのではないでしょうか。

新村先生がわかりやすく解説してくださっていますが、DNA解析からここまで読み取れるということにも驚きます。

興味を持った方には、ペーボ博士の自伝『ネアンデルタール人は私たちと交配した』(文藝春秋)をオススメします。
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163902043
新しい研究分野を確立するに至るまでの地道な努力の積み重ねや、ついに成果を手にしたときの興奮が、リアルに感じられる1冊です。
とてもわかりやすく面白い記事。DNAの解析技術の深化とともに新たな知見が得られ、しかもそのことが現代の疫病との関わりにつながる発見。今回のコロナでは日本にとってポジティブな要素となっている知見のようだが、逆にウィルスの型により私たちは脆弱にもなりうるということにも気付かされた。
アジア人がコロナ重症化になりにくいファクターXは、ネアンデルタール人から受け継いだDNAかもしれない。今から何万年も前の社会や暮らしを、DNAを通じて想像するというのは、とてもロマンチックです。

タイプBのDNAに守られているとしたら、ネアンデルタール人のご先祖様に感謝ですね。
遺伝学的事実を一つ一つおさえていき、ネアンデルタール人の今までの説を180度ひっくり返す驚くべき仮説にいたる非常に興味深い内容でした。何よりその推論の過程がスリリングで面白いです。その醍醐味を深く味わえる記事だと思います。

(本当に分かりやすくて良かったです。自分はこれに関連する原文に当たって見事に砕け散っていただけに…)
https://newspicks.com/news/5269250
良記事。

高度な内容をここまで噛み砕いて説明してもらえるととても分かりやすいです。

DNAの解析でここまでの情報が得られるのは衝撃的です。

【抜粋】
現生人類は生き残り、ネアンデルタール人は絶滅したから、私たちは現生人類のほうが優勢な集団だったと考えたくなる。でも、実際にはその逆だったかもしれないのだ。
ここまで差が出て来ると「ファクターX」がDNAレベルの話なんだろうな、というのは想像しやすい。ネアンデルタール人かもしれない。。。
現生人類とネアンデルタール人との混血が起きた時期が、「約5万年前と出た」と。
なぜそれが解明されてのだろう。記事にはないが。

サンプルが増えれば更に人類の歴史は解明される。まだまだ分からないことがたくさんあることが記事からうかがい知れるが、いずれ科学が解明するだろう。

我々は何者なのか? 知りたいものです。
ネアンデルタール人と現生人類。ネアンデルタール人はヨーロッパに住んでいたため、コロナの重症化リスクが高いタイプAのDNA配列を持つ人がヨーロッパに多いという考察。人類の神秘だなぁ。
ファクターXがネアンデルタール由来のDNAだとしても、一個人としてできることはさほどない。ただし、同データをグローバルでとっている23andMeが一瞬にして「宝の山」に変わる。

というのも、23andMeの検査結果ダッシュボードに「ネアンデルタール由来の率」がでてくるため(例: 僕は38%の人より多い≒普通)
面白いし、とても勉強になりました。