新着Pick
355Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウォルトは後発ながらも、即時対応のカスタマーサポートセンター、店舗から利用客へのメッセージカード、独自の包装等で差別化とあります。配送距離に応じた分かりやすい送料設定もポイントかもしれません。新規参入や市場機能の存在よって、フードデリバリーは消費者余剰が最大化されていく流れ。
北海道ではすでに選考的にサービス開始しておりUberEatsよりも指示されているサービスです。どんな違いが他のサービスと比べてあるのか楽しみです。
競争が活発になるのは歓迎ですが、配送員確保の採用費と配送人件費(自社・委託共に)を考えると脱マンパワー実現しない限り儲かり辛い領域です。拡大を目指すか小商圏密着で行くかなどで方向性も変わります。
ついに欧州勢も参入のフードデリバリー市場。全ては十数年前からのスマホ革命が発端ですがついに浸透フェーズ・競争激化フェーズですね。

このようにサービスの競争が激しくなってくると料金の適正化が起こり、経営的に厳しくなった企業が撤退していくという自然淘汰が起こってきます。

適切な戦略、顧客満足度向上、そして財務基盤のコントロールで生き残りが決まるでしょうね。
Woltには元UberEats Japanの優秀な社員も参画しているなど、期待できます。配送料も99円と安いし(お店からの距離制限ありますが)、お店側への手数料もUberEatsより抑えてある、チェーン店ではなく、地元のお店中心と、しっかりUberEatsとの差別化もあります。
ちなみに、Foodpanda、Woowaなど、日本の元UberEats社員が後発のデリバリースタートアップに続々と参画しているので、UberEats一強に風穴を開けてくれるのではないかと思っています。
東京は飲食店の数も多く人口も多く、密集していて、フードデリバリー業界にとっては、魅力的な市場なのですね。
一社独占的な状態を好まず、対抗馬をあえて利用したくなるあまのじゃくです。
フィンランドならではの“温かみのあるおもてなし”がどんなものかはわからないけれど、どの国の企業かで、思想も変わり、サービスの質も変わるのは確実にあること。
消費者的には、複数のサービスが出てくるのは良い事ですが、この安い配送料では成り立たないはずなのでビジネスモデルに興味があります
WoltはUberEatsを超えるポテンシャルを秘めていると感じる。UberEatsも出前館も便利だけど、いわゆるデリバリーの領域を超えてない。それを超える顧客体験を届けようとしているのがWoltです。
北海道札幌市では、主に中心地側でサービスが普及され、Uber Eatsは札幌市内でも広範囲にサービスが普及されていた。

ただ、どちらも交通マナーを守らないので、その点は改善していただきたい。