新着Pick

ネット炎上参加者「実は高年収」という仰天実態

東洋経済オンライン
ネットを見ていると、「極端な人」に高頻度で出会う。「コイツ頭おかしいだろ」「○○は人間の最下層だ」――。このような罵詈雑言は、わざわざ探そうと思わなくても、否応なしに目に入ってくることがある。ネット…
109Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この人の調査にいちゃもんつけるわけじゃないが(つけるけどw)、2020年僕が調査したところによれば、炎上に加担するのは別に男性7割なんて極端な結果にはなってない。男55%、女45%でしたよ。むしろ7割も偏っているとしたらまずその調査の標本か質問の仕方または集計ミスを疑うべき。おっさんが炎上に加担していると言いたいだけだろ。
だから私はネット炎上参加者じゃないのか

納得

記事未読
「炎上に参加していない人の中では、主任・係長クラス以上の役職の人は18%しかいなかった」
企業や組織で立場ある方が少なくないという結果。
オンラインでは勢いがあるように見えていても、オフラインではそうではない方もいらっしゃるのかも知れません。

年収も低くはなく、社会的にも立場があるので、日常生活でもフラストレーションも大きくなりがちということもあるのでしょうか。
誹謗中傷など炎上を起こす人の主軸は、低学歴の引きこもりではなく、高収入の男性というGLOCOM山口さんのデータ分析。「正義感にかかれる不寛容な人」の実態が浮かび上がる。となるとどういう対策が有効かなぁ。
これをどうやって克服していくのか、悩ましく難しい問題です。
『人間は正義感をもとに他人に制裁を科すと、快楽物質「ドーパミン」が分泌されることを指摘している。この快楽に溺れてしまうと、やがて極端に不寛容になり、他人を許さずに正義感から裁くことで快楽を得ようとし続けてしまう、正義中毒になる』
会社で自分の意見を言えず抑圧されてるから、その捌け口なのかも。キャバクラが日本人にウケてる理由も同じニーズかと考えてます。(普段抑圧されてるので、話を聞いてほしいニーズ)

「人間は正義感をもとに他人に制裁を科すと、快楽物質を分泌する」

これはキラーコピー!
暇なのと承認欲求強いからでしょ
数字としてどうでしょうか
このくらいの年収差(90万)でしたら、
年金生活のひとの比率ぐらいででてしまうのでは
以前から言われていることではありますが。……
現代社会の闇か。