新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
半導体については、完成品を輸入できないようにし、先端品も作れないようにするのが、ここもとの報道から窺える方針。
SMICについては、TSMCなどから先端半導体の競争では実質5年近く遅れている状況。おまけにこれは、これまでの装置の制限などがない状態での話。輸入もできず、また先端品を作るための装置を輸入できない状態になれば、一層半導体での競争に劣後する。様々な電子機器の性能は半導体に依存するため、競争力が一気に下がる。
もりちゃんさんがコメントされている、日系企業の今後の輸出と受注について(有難うございます!)、併せて①でのみゅーとさんのコメントなどと併せて気になる。輸出した後での据え付け(ここまでは現在のPO契約に含まれる?)や運用が実質どれだけできるのか。
SMICのプロセスについては、②・③などでコメントしてきた。

https://newspicks.com/news/5270231
https://newspicks.com/news/5223095
https://newspicks.com/news/5102473
中国から見れば、(1)反中ではない国家の企業に直接投資をさらに増やしてもらい、物理的に先端品を中国で生産してもらう(2)その間、装置と部材の開発を粛々と進める、という長期戦に持ち込むでしょうね。
中国の友人と話すと、「中国の技術競争力を削ぐため」だとか「中国の”正当な”台頭を阻止したいからだ」とか言われるけど、それは結果的にそうしなければならないだけであって、この規制の目的ではない。

要するに「グローバル企業のビジネス活動に中国政府が関与して、情報提供をさせる」というところに根本的な問題があるということだと思います。

中国のグローバル企業は、「中国政府に情報を提供したことはない」とは言うが、「要請があっても情報提供はしない」と断言できないところが彼らにとって辛いところです。
そりゃそうでしょう。大手半導体製造装置メーカーは東京エレクトロンとASML以外は全部アメリカ企業。競争相手にわざわざ作り方漏洩する必要はないでしょう。

中国には国際的に競争できる製造装置メーカーはいない。ちなみに台湾にも韓国にもいない。以前も書いてますが、半導体製造装置メーカーはTSMCやSamsung、Intelといった先端半導体メーカーと協業することで技術を切磋琢磨して高めてきている。逆に言うとそれらの企業に供給せずに世界レベルの技術を獲得することは出来ない。中国はこれから当然自国で製造装置の開発をするのだろうけど、最先端に追いつくの現状では無理。

半導体の影響は5Gに限らず、もっと影響あるのはAIや自動運転の分野でしょう。クラウドでもエッジでも処理速度の鍵を握るのは半導体。そこをアメリカかアメリカの同盟国に依存するようにしておく。いつでも締められるようにね
上海にあるSMICは、中国国内の半導体メーカーで、一部の技術はアメリカから導入している。
ファーウェイ排除の際、SMICも忠実にアメリカの命令を守り、ファーウェイに半導体を提供しないと言っていた。
今となって、同社もアメリカの輸出制限対象となり、苦笑するしかない。
そうすると、ファーウェイに引き続き半導体を提供するようになるのではないか。
結局、中国企業の制裁は、5G分野での中国企業が先端を走るのを許せない目的であり、アメリカの先進性を守るための政策であろう。
イランへの製品輸出を口実にしてファーウェイを制裁してきたが、イランがなくても制裁する(SMIC)。
5Gにおける中国の先進性を少しでも遅らせようとアメリカは考えているだろう。
半導体受託生産で中国最大手SMICが、SMICへの輸出を一部制限する措置を米商務省産業安全保障局が打ち出したことの事業・業務への影響を評価していると発表しています

リリースはこれ....でしょうか....?
http://asia.blob.euroland.com/press-releases-attachments/1255869/HKEX-EPS_20201004_9459904_0.PDF

業績