• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

世界最大湿原パンタナルが危機=過去最悪の火災で生態系破壊―ブラジル

46
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • (ホルへ・タケシ)拓殖大学 国際学部 教授

    近々、現場の方によるZoomでの報告会があるので参加予定にしています。

    地形図をみれば分かりますが、多くのブラジルの水系が東から西に流れており(大西洋岸に山脈があるため)、その水が滞留する場所がパンタナール近辺となっています。よってここに世界最大級の大湿原が形作られています。

    なお、現地テレビ局の解説では、通常であれば、大西洋からアマゾン川の上流(アンデス山脈方面)に向かって吹く風がアマゾンで水分を吸収。それがアンデスにぶつかって南下する時に湿った空気をパンタナルにもたらすようです。北風が雨をもたらすようですが、現地風向きが分かるサイトをみてみると、パンタナル付近では南部からの風が吹いており、6月以降の乾季と同じです。

    マットグロッソ・ド・スル州の州政府のサイトをみると、同州は過去稀に見る暑さにも見舞われているようで44度を記録した地もあるようです。
    同州は10月から雨季が始まります。天気予報によると10月11日以降に降雨が予想されており、それまでは火の勢いも収まらない感じです。

    パンタナルがあるマットグロッソ・ド・スル州のヘイナウド州知事は、9月に緊急事態宣言を行い、消火活動に関するあらゆる策(必要機材の入札を省略したり、近隣住民の健康被害から守るための方策などなど多くの施策)を講じているようで、環境大臣とも昨日、本件協議したようです。


  • 某自動車会社 ブラジル支社勤務

    パンタナールやアマゾン流域というような自然区域は、ブラジルの貴重な資産だと思うので、残していって欲しい。
    昨年パンタナール行きましたが、ナイトサファリも可能なくらい自然と共存できる場所でとても良かったです。


  • 会社員

    人が焼いているんだから、人をなんとかしなくてはいけない。

    地球温暖化だ、カーボンフリーだなんだと言っても、重大な酸素供給源であるアマゾンの野焼きを放置していては意味がないと思いますけどね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか