新着Pick
359Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グッドパッチのストーリーを語る上でこの組織崩壊のエピソードは外せません。

2016年、社員数100人を突破したタイミングで起きた組織崩壊。今振り返っても本当に苦しい2年半でした。

多くの社員から経営陣、社長である僕が信頼されてないというのを常に感じ、毎月3、4人が退職していきました。決して、創業から僕の人格が変わった訳ではなく、急激に成長する組織をマネジメントする準備と力がなかった事が要因です。

この記事に書いてある以外にも組織崩壊を解決するために沢山の取り組みをやってきました。

いつも組織崩壊を克服した一番の要因は何ですか?質問されますが、何か一つというのはなく、色んな取り組みを諦めずにやり続けた事にあると思います。何か一つだけやれば良かった事はないです。

そして、沢山の社員が辞めていく中でも、歯を食いしばって残ると決めてくれた社員も多くいました。彼らは戦友ですし、組織崩壊を乗り越えて強くなり本当に成長しました。

この2年半の戦いを去年ブログに書き記しました。
https://note.com/naofumit/n/n028df2984256

この記事をキッカケにグッドパッチの事を知ってくれた人も多いと思います。失敗をオープンにする事は確かに怖い面もありましたが、組織崩壊は多くの組織で起こり得る事で、このブログを公開した後にもらった多くのメッセージは自分達も同じ経験をして来たのでとても勇気をもらったというメッセージでした。

振り返っても、とても辛い経験でもありましたが、やはり経営者としての自分を強くしてくれた掛け替えの無い経験でした。
サイボウズは有名ですが、私が知っているだけでもドリコム、Gunosy、JINSなど多かれ少なかれ同じような経験をしています。成長痛かもしれませんが、おそらくもっと多くのポテンシャルのあるスタートアップがこの段階で本当に崩壊しているのでしょう。ここをどう持ちこたえるか、お金が続くかどうかと同じくらい重要な課題だと思います。
建て直しは「強烈な反省論から始まる」というのは、V字回復の経営などで知られるBCGの東京初期メンバーでその後コマツやミスミの改革にあたられた三枝氏の言葉。
下記はまさにそれだと思う。醜い現実を受け入れることは難しい。だけど、そこの根底を宣言しないで小手先の話をしてもターンアラウンドはできない。宣言してその後の行動があるから、だったら一度賭けてみようかという輪が広がると思っている。
醜い現実について、前任者の要因にするほうが現実論としてやりやすい。だからトップ交代という手段が用いられる。それを自分自身が受け止めてもう一回再チャレンジするのは、マイナスからのスタートで圧倒的に難しい。でもそれが成し遂げられると、その過程によって得られる財産も圧倒的なものだと思う。

『そこで僕がまずとった行動は、全社員100人に向けて「課題の本質は経営陣に信頼がないこと」だと宣言することでした。』
同い年起業家仲間のつっちー連載、おもしろすぎますね。つっちーは同世代の中でもMr.ハードシングスでした。とんでもない修羅場を多くくぐり抜け、でも最後には成果を出すというツワモノで、いつも乗り越える様を見せつけてくれまわりにも勇気を与えてくれるのです。

次はどんなハードシングスが・・・。
グッドパッチ社長・土屋尚史氏の連載第5回です。
---
スマートフォンをはじめとするデジタルデバイスの普及以降、UI/UXデザインの重要性が高まっている。この領域にいち早く参入し、マーケットを牽引してきたのが、デザイン会社のGoodpatch(グッドパッチ)だ。

グノシーやマネーフォワードといったスタートアップから大手企業まで、数々のクライアントワークで事業戦略やUI/UXデザインを支援。自社プロダクト・サービスを開発・提供するデザインプラットフォーム事業も手掛け、ビジネスシーンにおけるデザインの価値や可能性を拡大し続けている。

「デザインの力を証明する」をミッションに掲げ、グッドパッチをデザイン会社初の上場企業に成長させた土屋尚史社長に、その軌跡と経営哲学を聞いた。(全7回)

■第1回 スマホ時代に高まるデザインの価値
■第2回 21歳で大病。死を覚悟して今を生きる
■第3回 DeNA南場さんの言葉でシリコンバレーへ
■第4回 家族との時間を犠牲にしない働き方
■第5回 離職率40%、組織崩壊の原因と改革
■第6回 強烈なプレッシャーが人を成長させる
■第7回 ビジネスとデザインの主従関係を逆転
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社Gunosyは、「グノシー」や「ニュースパス」等の、情報キュレーションサービス・ニュース配信アプリを開発・運営している企業である。CEOは福島良典。2016年8月に竹谷祐哉COOが代表権のある取締役になり、2人代表制で経営している。同社は興味連動の広告最適化に強みがあると評される。 ウィキペディア
時価総額
178 億円

業績