新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トップを引っ張ってくる必要があります。
IT人材いないと言うよりも、一緒に仕事したいと思えるリーダーがいない。

再編して予算余力ができたとして、派閥の理論でシステムについても縄張り争いするようでは、つくっている方からしたら面白い仕事ではありません。

トップに不退転の本気度が求められると思います。
ノウハウ不足というよりも、本気度が足りないという話なので、これを機に意識をいかに切り替えられるかだと思う。
まさに今の菅内閣のような気合が地銀にも必要で、やるべきことをやるための資源を確保するための再編ならあってもよいが、再編ありきで考えてもそこに理念が無ければ、結果は伴わないと思う。
菅義偉首相は再三、「経営基盤を強化し、地域に貢献していく必要がある」と言っているって、いくら経営統合させたところであくまで一時的なコストダウンにすぎず、経営基盤強化に向けた成長戦略の具体例をいくつか提示しないと先には進みません。なめちゃいけませんよ、地銀のトップはメガのトップほど優秀じゃないのですから。所詮はお山の大将。彼らに何ができますか。統合に二の足を踏むのは、その先何をしていいか分からないからです。下手にノーアイデアなまま統合をさせれば、いずれ地域金融不安が日本中で起きることになりかねません。
ノウハウ不足というより、システム刷新のタイミングでも、古いスクラッチシステムの時の機能を捨てきれなくて、結局大胆な変革を起こせていないのではないでしょうか?

古い機能に新しい機能を付け加えていくので、使い勝手が銀行側もユーザー側も良くならないという悪循環なような気がします。

地銀がいくつか集まって勘定系基幹システムを開発しているようなので、コスパは追求出来ると思うのですが…
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
12.5 兆円

業績