新着Pick
258Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の知り合いも先日退職されました。

三菱はパジェロ、ランサーエボリューション、RVRなど個性的なクリマを出してきた歴史があります。

トヨタなどと比べてエンジニアの数が少ない中で、1人の担当する業務範囲が広く、馬力でなんとかやりきってしまう面白い面もありました。
(あくまでも想像ですか)ゴーンさん時代に、個性が削がれたという面があるような気がします。

日仏連合(ルノー、日産、三菱)の中では「3番手」の会社ですが、個性を取り戻して暴れてほしいです。
600人削減して、どんな会社にしたいのか?

今まで通りの業務を600人減らしてやろうというアホな考えか?
600人も減らして回るなら、今までにやっておくべきだ。

一人1000万円として、計60億円の固定費削減効果しかない。
600人分の業務はできなくなるから、あちこちに支障が出る。顧客サービスも低下するかもしれない。

ということで、リストラは危機感の醸成にはなるが、財務的には大した効果はないというのが、経験則。

一方、約7億円の役員報酬を半減すれば、30-40人救える。

その前にやるべきことがある。
以前から、何度か書いているのですが、何故、日本企業の多くは、経営施策で「希望退職募集」を実施するのでしょうか?

会社の経営状態が悪い時に、希望退職者を募れば、能力が高い人、他でもやっていける人たちが、いの一番に手をあげるのが自然です。

そういった人材が「愛社精神」で残ってくれると思っているのでしょうか?
確かに、以前は、そういった時代もあったとは思いますが、今の時代。これからの時代は、「希望退職者募集=優秀な人材から社外流出」になるのでは…と考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
今回は「45歳以上」が対象とのことですが、いずれ「40歳以上」に及んでくると思われます。

概ね、40歳以上になると年収が割高になります。

人件費削減にためには、このあたりまで希望退職の年齢を下げる必要があるでしょう。
未だ地雷の恐怖にさらされている地域がある。 ネズミに感謝!
優秀な人材まで流出することのないよう願います。
私も人事の実務でこういう仕事したことがありますが…
本当に経営結果として起こることで、現場からすれば寝耳に水、なぜここまで対応しなかったのか?財務数字だけで人を減らすことをするのか?と疑問だらけでした。

メーカーが導入を主導しているジョブ型による最適配置が成されれば、会社都合による不都合は減っていくのでしょうか。
三菱と日産は統合して一つの会社にした方が、カテゴリごとの車種が統合できて、経営効率は上がって両者にとっていいと思う。社名やブランドを存続することにこだわっている余裕があるのか疑問です。
「新型コロナウイルス感染拡大による新車販売の不振が深刻で2021年3月期は3600億円の純損失を計上する見通し」とのこと。それにより国内で500-600人の希望退職者を募集するそうです。
今後も同様の決断を行う企業が増えてくるのでしょうか。長期化すればするほどリスクが高まりますね。心配です。
希望者出るだろうな。特に自分で資産運用する事にチャレンジする人などは、この道を選ぶのではないだろうか。
三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英語: Mitsubishi Motors Corporation; 略称:MMC)は日本の自動車メーカー。 ウィキペディア
時価総額
5,484 億円

業績