新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中露が2008年から提案している宇宙軍縮条約の焼き直しですね。まあアメリカは飲まないと思います。

ロシアは米国に匹敵する核戦力を持っていますが、ミサイル防衛(MD)や宇宙兵器ではアメリカに出遅れているので、核・MD・宇宙兵器をパッケージで規制したいという意向を前々から示してきました。

他方、アメリカとしては力の衰えたロシアと今更軍縮条約を結ぶ動機は薄いでしょうし、中国も核軍縮には気乗り薄となると、このまま新STARTが失効して宇宙とMDも無条約のままになる、というような気がします。
かつてはアメリカと張り合った宇宙大国ロシアもすっかり落日の感があります。これまでの最強な技術的蓄積は依然あるものの、勢いと予算規模ではもはや米中二強と言って過言ではない。

僕も宇宙は平和利用に徹するべきと思うが、このおっさんが心から平和主義を唱えてるとは思えず、要は勝てない分野で競争したくないということでしょう。
宇宙分野においても虎視淡々と覇権を狙う中国とかつての大国だったロシアの関係は実際にはどうなんでしょうか(対アメリカにはこのまま共同戦線なのかな?)。
宇宙軍拡禁止条約とは「宇宙への兵器配備を禁止する法的拘束力のある条約」だそう。
来年2月には米ロの新戦略兵器削減条約の期限が到来するそうです。