60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Oracleの提携承認とセット。
https://newspicks.com/news/5240981
オラクルが12.5%、ウォルマートが7.5%、ByteDanceが残りの80%を取得する。しかし、ByteDanceの所有権の40%は米国のベンチャーキャピタルからの資金調達なので過半数以上は米国系とトランプの整理らしい… こじつけが過ぎる(苦笑)

世界から自由民主主義を守るという理念の灯火は消えて、国益と国益、欲と欲のぶつかり合い。戦国時代に突入だな

※※
トランプがTikTokを承認とニュースが。ガーディアンや海外報道によると条件は、TitTok Globalという会社を設立。テキサスに本社を移転、少なくとも25,000人を雇用、50億ドルの教育向けの基金の設立、boardの過半以上は米国人、CEOも米国人、セキュリティの専門家をboardにおく。米国人のデータの安全性はOracleとウォルマートが責任を持つ。Oracleは12.5%の株を持ち、その後Pre IPOラウンドの出資でウォルマートと合わせて20%程度のシェアを持つ。提示価格に同意した場合、両社は計120億ドル支払う。新会社のバリューは600億ドル。 Oracle Cloudを使う。ウォルマートも出資してboardを送り込む。

今のところ出てる情報をまとめるとこんな感じだけど、あまりに露骨な選挙対策と支持者への利益誘導で呆れるというかなんというか… トランプの対中強行はただの見せかけ。Oracleのエリソンはトランプの有力支持者の一人。Oracleは出遅れたクラウドでの遅れを取り戻せる千載一遇のチャンス。これでZoom、TikTokという中華勢がOracle Cloud。今後の中華系のを取れる大きな利権。まあこの見返りで相当な選挙資金がエリソンから流れると思う。なんだかな〜
TikTokのグローバル事業を米国の手中に収め、2万5000人の雇用を、共和党の地盤であるテキサスにもたらし、さらに50億ドルを拠出させた。来年上場すれば過半数を持つ米国企業に大きな利益があります。ここまではトランプ大統領の再選に向けた大きな一手になりそうな内容。果たして中国がこれを飲むのだろうか。トランプ大統領の再選を望むのか否かという政治的な判断もありそうです。

TikTokの再編、トランプ大統領が承認…オラクルとウォルマートが計20%を出資し来年上場を目指す
https://media-innovation.jp/2020/09/20/tiktok-reorganize-approved-by-trump/
朝令暮改
米国はTikTokのダウンロード禁止措置の発動を、27日まで延期すると発表したとのこと。