新着Pick
629Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
途上国では固定電話を経験することなく携帯電話が普及したのと同じように、カンボジアは口座を持たない人が多数いることも理由となって現金・口座決済からCBDCにリープフロッグした例でしょう。
日本はこの誰もが金融システムを利用できる様にする所謂ファイナンシャル・インクリュージョンのニーズはカンボジアより低いので一つメリットが少ないですが既存の電子決済手段と比べて運転資金が発生しない点はプラスですね。両替手数料も高いので海外からの旅行者にもメリットがあると思います。
また円のメジャー化やマネロンの観点からもデジタル通貨は重要なツールかと思います。
入金ってどうするのかな?と思ったのですが、そこは銀行もしくは決済事業者経由とのこと。

カンボジア当局は法定通貨に裏付けられたプロジェクト・バコンを中央銀行デジタル通貨(CBDC)と位置づけることに消極的で「ブロックチェーン決済システム」と呼んでいる。
ユーザーは、取引のためにはまず、リエルをバコン口座に入金しなければならない。そこが最初からデジタルなCBDCとは異なる点だ。
https://www.coindeskjapan.com/67450/

「バコン」ウォレットへの入金方法は2つで、銀行や決済事業者で現金を入金するか、銀行間取引に より入金可能。
http://www.yamamotokozo.com/_p/acre/15032/documents/cambodia-cbdc.pdf


来年後半のリリースを目指していろはのバージョン2を開発していますが、1秒間に2万件の処理ができるようになる予定です。そうすれば、ぶっちぎりで世界最速になります。
まさに「蛙飛び」現象。 社会のインフラが整っていないが故の、、思い切った施策が可能となる。 今日本にあるインフラが必要でなくなる時代を先取りできるのは新興国。
日本のソラミツの技術を使ったCBDCが、カンボジアで世界初の実運用になるというのは誇らしいですね。その処理スピードは1秒間に5000件。来年にはこれが2万件になる予定とのことです。

そのスピードもさることながら、Edyを立ち上げた宮沢さんのノウハウが詰まっているというのが強み。日本のCBDCをソラミツベースで開発すれば、早い段階で世界に追いつけるかもしれません。
カンボジアは40年前のポル・ポト政権時代、「資本主義の象徴」として通貨を廃止し、物々交換の世界に逆戻りしていました。そこからあっという間の進化。カンボジア国立銀行統括局長のインタビューも合わせてお読みいただければ。

「IT後発国だからできるデジタル通貨 カンボジアの金融政策責任者が語った」
https://globe.asahi.com/article/12856282
カンボジアに行ったことがある友人に聞くと、結局ドルしか使わなかった…という話しになります。
ミャンマーのように、自国通貨が海外でほとんど信用がないよりは良いのではないかと思っていましたが、この記事を読んで心底納得しました。

自国通貨が浸透していないから、国は金融政策を実行することが出来ない。

そうか、それがありましたね。カンボジアのように、まだまだインフレ率が高い国では、それは非常に困りますね。

カンボジアは、中国の影響が強く、デジタル人民元の勢力下になるかと思っていましたが、バゴンを進めようという国の思いが伝わって来ました。カンボジアの見方が変わりました。

翻って、日本。アプリ決済は、銀行口座からの不正引き出しに使われるというお粗末なトラブルは、決済乱立の弊害でもあるのでしょう。
ソラミツは本当に凄いですよね。日本では会津大学の白虎で使われていますが、逆輸入になるんでしょうか。デジタル通貨は国をまたいで使おうとするリブラのようになると急に国と対立しますが、地域内のステーブルとして使う分にはメリットしかない。
"7月に開始したトークン型地域通貨「白虎」は、バコンが一段落したので、日本でもやろうと思って出したサービスです。この仕組みを日本で横展開していきたいと思っています。"
宮沢さんだ!謙虚な方ですが実績は抜群です。
ソラミツの取組は素晴らしいですよね。
中国共産党による「植民地化」が懸念されるカンボジアでやれたことは、本田のサッカー監督と並んで、地政学的な意味もあると思います。
期待してます!
日本はセキュリティに対する考え方が甘過ぎる。メディアもあとになってからしか騒がない。制度の設計時点で時間の問題と分かってるだろうに。被害が判明してからでは遅いんです。

カンボジアは国民が自国通貨を信用していない。銀行口座に預けずにタンス預金、しかもドルで、がクソ多い。