新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本に比べ海外ではるかに高いブランド力を誇るアシックス。ナイキなど大手との競争は厳しいですが、小回りが利くという点では激しい環境変化で死に絶えた恐竜をしり目に生き残ったネズミのようになれるのではと期待しています。
NikeやAsicsの開示情報や財務分析レポートを見ると、従来型の店頭販売よりもECチャネルを活用したD2Cの方が利益率が高いというデータが出ています。ただ、サプライチェーン網の整備含めて初期投資・固定費が大きくなるので、この効果を享受できているのはNIKEとAsicsくらいで、そのほかのPumaやAdidas、UAあたりはECの利益率を出しづらい環境にあるという認識です。
アシックスのDXの取り組みは刮目すべきものが多い。
コロナ禍でそれらのエンジンが点火した感があります。
鍵になるのはアクティビティを組み合わせた交流の場を設計する事だと思う。

ランニングステーション
トレーニングステーション
など。

顧客同士のコミュニケーション数を増やす
店員と顧客のコミュニケーション数を増やす
など、体験を通じて関係を構築する場づくりが、あらゆるブランドに求められてくると考えている。
自分の購買行動を振り返ってみると目的がはっきりしている買い物はほぼネット。食事とか、日用品とか「何にしょっかな〜」と考えながら買うときや、ついで買いを想定している時はリアル店舗という棲み分けになっていた。
そう考えるとドンキが今なお強い理由がなんとなく分かる。
株式会社アシックス(英語: ASICS Corporation)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く、大手総合スポーツ用品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
3,391 億円

業績