新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なるほどなあ。

ネオリベラリズムの世界観においては、原則的に、労働者も消費者も、あるいは資本家も存在しない。そこにあるのは、さまざまなレベルでの企業体としての個人である。わたしたちは労働者ではなく、一個の企業体であり、日頃から自己投資をおこない、教育資産を高め、契約によって業務をこなし、契約が終われば業務も終わる、もちろん、失敗があればそれは企業体の責任――自己責任――である。
『ブルシット・ジョブ』、読んでなかったけど、読もうという気になった。