新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トヨタのブランドに対する信用力で、一定の顧客は獲得できると思います。価格志向のユーザー、こだわりのクルマを探しているユーザーは、リアル店舗に行くのでしょうから、棲み分けはできそうです。
クルマは買った時より、買った後が重要です。そこをどこまでケアできるのかに注目ですね。
実はコロナウイルスの為って訳でもないかと。

それなら本来一台一台コンディションが異なる中古車より、クオリティが揃ってる新車の方がオンライン購入に適してるはず。

機械の程度や事故歴は素人が見たってわからないが、内装の汚れやスレなどは現車確認が重要。

にも関わらず中古車なのは、単純な話、車両展示スペースを省略したいから。

中古車は全て在庫車となる。
コレらを保管する場所を確保しなければならない。
現車確認できるように展示すると、かなりの場所が必要となる。
しかし、現車確認を省略できれば、在庫ヤードに目一杯詰め込めるので、スペースは節約できる。

だから現車確認不可。

『なお、車両状態の詳細などの細かな質問に答える「問合せ機能(電話・WEB掲示板形式)」を用意するが、実車確認は不可としている。』

ぜひ新車でもやってください。

〈追記〉
中古車でやる理由の一つとして、原則値引き無しワンプライスと言うのもある。

中古車価格は一意に需要と供給によって決まる。
新車定価はコレらを反映してない分、値引き額で価格調整される。

値引き無しのワンプライス販売なら支払額は固定だが、値引きは交渉で決まる為(売る方も買う方も値引きが如何程か分かりながらも交渉と言うお約束プロセスを踏む必要がある)、新車はオンラインの支払額算出が難しいのもある。
ついにここまで来たか、ですが、今や不動産も仲介業者ナシで成立しますからね。中古車の状態をどこまで正確に把握できるか、当たり前ですが買う側の責任も大きいですね。
コロナ禍でハンコ→電子署名の動きが注目されていますが、契約含め取引プロセス全体のオンライン化も進んでいきそうですね。これまで来店での手続が中心だった車、不動産、金融などの領域にも今後広がっていきそうですね。
現車確認も試乗もしないで?
売手のトヨタが無過失責任を負わない限り、絶対無理。

通販で買ったシャツのサイズ違いとは訳が違う。
冷蔵庫やパソコンを、現物確認なしで買えるのか?
車は高額であると同時に人命に影響がある「重保商品」だから、そんなに安直には行かない。

NPで確率的判断を是認する人は、1000台に1台ハズレがあたっても我慢してくれるのだろうか?

購入時の売買契約や品質保証についての約款は充分注意した方がよい。メーカーは、当然責任転嫁の文言を記載する。

現車確認をせずに買うことのリスクは買手が負うことを承知していたと主張されるだろうから、これまでの常識は通用しない。
KINTOにして欲しい^o^
車と家がネットで売買される日はいつ来るのか、というのは長年の関心事なので、トヨタ本体がここまできたというのは感慨深い。中古車は値段が安く、新車ほど思い入れのない買い方も多くネットに向いている面がある一方で、悪貨が良貨を駆逐するという例えで外見から分からない瑕疵がある例として中古車が引き合いに出される(レモンの法則)くらい、品質担保が重要な商品。ここに共通の評価指標を導入してうまくいったのが中古車オークションUSSだったわけですが、それもプロ向けのリアルの取引。アマの一般消費者向けのネット取引だとよほどの信用補完が必要となりますが、トヨタ本体がやるならこれ以上の安心感はないはずで、これでどこまで行くのか、ということに大変興味があります
そして、トヨタとしてはサブスクのKINTOに全振りするように、ECにも自ら取り組むことで情報を取りつつそちらから捲られるリスクも回避するという意味でも良い打ち手と思います。かつては中古車は新車の敵という考えもあった中、また中古車の取り扱いはディーラーの収益源になっている中で反発も想定される中での決断という意味でも素晴らしいと感じました
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.5 兆円

業績