新着Pick
826Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
不整脈専門医として、それこそ毎日心房細動と戦っているわけですが、、、とても楽しみにしていたものです。

ただし、家庭用心電計・家庭用心拍数プログラムというのは今年新設されたもので、Apple Watchで見つけた不整脈をどの程度信用して治療に移すかはこれから検討が必要です。
基本的には他の従来の心電計で診断確定させることが必要になると思います。既に発表されている海外データを見ても、そのまま心電図診断できる精度とはまだ言えないとは思っています。

また、簡易の心電計でわかる不整脈として注目されている心房細動は80歳で5%、90歳で15%と高齢になるとともに有病率が上がる非常によくある疾患ではあるものの、若年・中年層には相対的に有用性が下がります。

失神の際の心拍数記録とかが自動に残ればよいですが、転倒検出とかもできるはずなので、残るのかどうかとか、詳細が気になります。



追記
心電図波形は左手首に装着して右手でwatchに触れる必要があります。心電図で右手と左手に電極を着けるのと同じ原理。
心拍数は脈波を拾っている形になるので、それこそ頻脈時は不正確かもしれませんが、(機能的には)自動で間欠的に見ることも可能なのだろうと思います。
(実際に私が使ったわけではないので参考まで)
脳梗塞の原因となる心房細動などの不整脈の早期発見に寄与する事が既にNEJMという超一流紙に報告されています。アップルウォッチの心電図は韓国などでも承認を受けているとのことで、日本人のデータを含むアジア人でのデータの蓄積に一歩前進ですね。
総合診療医としては、これらを活用した研究をデザインしたいと思います。
転倒を覚知できると他のコメントであり、高齢者診療のイノベーションにもきっと役立つでしょう。
むしろコロナで思ったけど、体温測定機能がほしい。
毎日一回自動で図ってもらうだけで平熱の証明になるし、熱がある時に自然に気づける。
Apple Watch信者としては嬉しい。
Apple Watchつけて、歩数も伸びるし、座りっぱなしなら、立とうという意識になるし(促されるし)運動量や、心拍数にも敏感になった。

最近は、睡眠ログをとるために寝るときにも付けっぱなし。

レム睡眠や、ノンレム睡眠を計測できて(auto sleepというアプリを使う)睡眠と翌日の仕事パフォーマンスを見比べながら、ベストパフォーマンスのための睡眠を模索中。

病気になってからの「医療機器」ではなく、
予防医療としての「医療機器」としては、間違いなく優秀。
これは嬉しい。そのうち血液検査とかも出来るようになりそう。
昔この手のウェラブルの身体データ測定デバイスの開発プロジェクトに関与してたことあったなぁ。もう15年以上前のことですが…
やっと!
これが日本はダメってとき、医療機器承認のプロセスも、私の業界でいう金融庁登録並なのかー。。。とおもったけど、承認されると逆に安心で視界良好でもある。
元々ある機能ではありますが、国内においてもヘルスウェア領域への拡大着々でいいですね。
これは期待。Apple Watchを着けつつ、数ヶ月前からNBAが公式に導入した指輪型ウェアラブル Ouraを毎日つけているけど、24時間ずっとつけていられるウェアラブルは価値が高い。どんどんいろんなセンサーが付いて、バッテリーの持ちが良くなれば、ウェアラブルはまだまだ可能性があると思ってます。
ついに日本の医療機器承認・認証を取得。これはかなり期待。
医療機関では使えるようになったけど、個人で使えないような。

なんで国ごとに承認とる必要あるのかなー。海外で承認された機器なら、日本で使って問題なさそうだけど。