新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
理解が進んで成績が良くなれば、「楽しくなる」のは当然のことでしょう。

サッパリ理解できず成績も悪ければ、苦痛以外の何ものでもないですから。

計画に関しては、立てるだけでなくきちんと工夫して立てることが肝要。

「プランニングの誤謬」でもわかるように、実際に使える時間は半分くらいだという意識を常に持って決して欲張りな計画を立てない。

拙著「最強の勉強法」で書いたように、模試までの日数の処分可能時間を具体的に計算してみるといいです。

いかに残された時間が少ないかを実感するはずです。
何でもそうですが、「楽しい」と思えるきっかけづくりが大切ですよね。

「勉強を楽しみなさい」「計画を立てなさい」で成績が上位になるわけではないのでご注意を。
調査するまでもなくわかりそうなことだと思います。
スポーツでもそうなんですけど、「楽しい」が先に来ると一生懸命に取り組むようになります。「楽しい」が数字で上下するようなもの(他人との比較が一例)だと、下がった時にモチベーションの維持ができません。なので、別のところでモチベーションあがるようにするしかないです。比較すべきは過去の自分しかないです。過去の自分から進歩していることが実感できるような実績管理が大事ですよ。
勉強を楽しむ、計画を立てる、のと成績とが正の相関にあることはわかった。しかし。成績が上がるように、勉強を楽しめ、計画を立てろ、と指導する方法がわからん。
成績上位層はメタ認知能力が高いという傾向が出てますね。学習科学のセオリー通りです。成績良い方が勉強楽しいのは当たり前かと。

個人的に面白いと思ったのはグラフ2で、成績上位層のうち18.8%は計画立てずに勉強している。この比率は下位層より高い。この18.8%の得点方略がどうなっているかは学びのパターンとして非常に興味深いです。
特別勉強ができた訳ではないですが、高校の時はテスト前になると土日の勉強のスケジュールは立てていましたね。1科目最低でも1時間で土日に勉強する科目を決めて計画的に勉強はしていました。

それもあってか仕事や副業やプライベートでの勉強などもある程度計画を立てるクセがついてる分、忙しいと感じる場面は少なく精神的にも良い気はします。

1日、1週間、1ヶ月単位で自分のやることを計画して可視化するとやるべき事が明確になるので良いと思います。
高校の時、スタートから躓いてしまい、勉強がホントに辛かった。親に「塾に行きたい」って言えば良かったと何度も後悔してる。
株式会社ナガセ(Nagase Brothers Inc.)は、「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」「四谷大塚」「早稲田塾」「イトマンスイミングスクール」などの教育事業を行う日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
552 億円

業績