• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

香港で日本のジャーナリスト逮捕 翌日に保釈

54
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • 日本企業(中国)研究院 執行院長

    産経新聞らしいタイトルのつけ方。
    モデルガンを持っているので逮捕されたことをいわずに、日本のジャーナリストが逮捕されたことを伝えている。
    それを良しとしてもせめて日本籍のジャーナリストであり、日本のジャーナリストではない。


  • マネジメントを世界に伝えたい人

    ついに来ましたか。
    中国包囲網が完成しつつある今、中国は敵と思われる国の人を逮捕し始めているという。
    たぶん、人質外交に使われるのではなかろうか。
    ここまで強硬策に出るということは、中国の相当な焦りを感じます。

    ここ15年ほど、中国はかなり強引に技術革新を起こしてきました。
    その恩恵は我々も受けていましたが、流石に強引すぎた。
    特許法などのルールを守らなければ、国際社会、特にアメリカからペナルティを課されるのは当たり前。
    (まぁトランプさんはルール守っててもペナルティ出してきたと思いますが、、、)
    ルールを破り続けてきたからこそ、今の地位があるわけですが、しかしやって良いことと悪いことがある。
    これは技術戦争の枠を超えてしまった。

    本当に人質外交してきたら、日本政府には断固とした態度で望んでほしい。
    外交が苦手と言われる菅さんの正念場が、いきなり来てしまいましたね。


  • 中規模仏系外資のCFO

    「男性は香港出身で、日本で育った。2016年から香港に在住し、日本の記者証を携帯しながら、デモ現場で写真や映像を撮っていた。香港の旅券(パスポート)を持っているという。

     香港メディアによると、男性は8月31日、エアガンのような模倣銃を所持していたとして逮捕されたという。男性はサバイバルゲームを愛好していた。同日は香港で警察への抗議活動が行われていた。」

    なるほど。タイトルだけでは想像つきませんね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか