新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載「突破する力」にかつて登場していただいた方に、コロナの時代をどう過ごし、苦しさをどう越えようとしているのかを聞いたインタビューシリーズ、昨日の吉田都さんに続いて、今日は為末大さんに登場いただきました。
壁にぶつかったときは、何が問題なのかを考える。そこが突破できないときは、問題設定が合っているのか考える、という為末さん。シンプルですが、難しい。「自分の考えをいったん捨てる」ことをうまくできるかどうかがカギのような気がします。
関連記事一覧
「キャリアは自分で選び取るもの」と発想を変える コロナを経験した私たちの次の一歩
朝日新聞GLOBE+
240Picks

コロナ禍に「心と体を整える」3つのベスト習慣
Diamond Online
183Picks

新型コロナでイライラするのは「自分だけが我慢している」と思うから。精神科医は“コミュニケーションの欠落“を指摘
ハフポスト
145Picks

ステイホームで深まる「孤独」 必要なのは逃げ場づくり <レビュー2020>
朝日新聞GLOBE+
44Picks

世界的ベストセラー書が断言! クリエイティブな仕事をする前には、「コメディ動画」を見よう。 - ワークハック大全
Diamond Online
28Picks

ヒントは「テーラーメイド」─時代の一歩先を行く企業に見る新しい働き方 | ジェンダーやセクシャリティの違いを超え、誰もが自分らしく活躍する職場とは【PR】
クーリエ・ジャポン
8Picks

「同性愛直す」セラピスト 自分も客も偽り続けた28年
朝日新聞デジタル
7Picks

自分のテーマを持っていれば、200歳までやることがある
GLOBIS知見録 最新記事
5Picks

自分と社会との距離、ちゃんと取れてる? 不健全な人間関係は時代遅れに
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
5Picks

感染者たたき、感染者の謝罪は自分たちの首を絞める 岩田教授に聞く「誰でも感染する」怖さ
Yahoo!ニュース
5Picks