2020/9/4

【新】異色のベストセラー経済書が教える「資本主義の正体」

NewsPicks, Inc. 公式アカウント
まるで預言者のように、新しい時代のムーブメントをいち早く紹介する連載「The Prophet」。今回登場するのは、独立系の物理学者として活躍する長沼伸一郎氏だ。
長沼氏が1987年に出版したデビュー作『物理数学の直観的方法』は、「無名の20代の研究者による自費出版」というハンデをものともせず、まったく新しい数学の参考書として爆発的な反響を呼んだ。同書は当時、神田の大手書店で、かの『ノルウェイの森』を抜いてベストセラーNo.1に躍り出たこともある。
そしてこの春も、長沼氏の最新刊『現代経済学の直観的方法』(講談社)が、各所で静かなブームを巻き起こしていた。
巧みなレトリックにすっと腹に落ちるロジックで、経済学への「直観的な」理解の道を切り開くこの一冊。「通勤通学などの間に1日あたり数十ページ分の読書をしていくだけで、1週間から10日程度で経済学の大筋をマスターできる」という長沼氏の言葉に偽りはない。
だが、読者の心を真に揺さぶったのは、全9章で構成される同書の「最終章」だろう。その中で長沼氏は、今の世界経済は一種の「劣化」状態にあると警鐘を鳴らし、暴走する資本主義から「降りる」手段を考察している。
今、世界で起きている現象を理解するための必読の書と言うべき『現代経済学の直観的方法』。今回の「The Prophet」では、前後編でそのエッセンスに迫っていきたい。
長沼伸一郎(ながぬま・しんいちろう)/パスファインダー物理学チーム代表
1961年東京生まれ。1983年早稲田大学理工学部応用物理学科(数理物理)卒業、1985年同大学院中退。1987年、『物理数学の直観的方法』の出版により、理系世界に一躍名を知られる。著書に『物理数学の直観的方法 普及版』(講談社ブルーバックス)、『一般相対性理論の直観的方法』『無形化世界の力学と戦略』『ステルス・デザインの方法』(以上、通商産業研究社)、『現代経済学の直観的方法』(講談社)がある。

今、世界で起きている「縮退」とは?

──資本主義のメカニズムの本質を解き明かした第1章から、仮想通貨を論じた第8章まで、読みどころが満載の『現代経済学の直観的方法』ですが、やはりメインディッシュは最終章(第9章「資本主義の将来はどこに向かうのか」)だと感じました。
長沼 これは、私が本を書くときの常套(じょうとう)手段なのです。
いまどき自分の主張だけで一冊の本にしても、読者はなかなか手に取ってくれません。ですから、「どんな読者でも必ず便利に使える内容」を全体の9割用意しておいて、最後の1割で自分の言いたいことをぶつける
すると、そこまでの内容に感心してくれた人は、最後の部分も読んでくれるというわけです。
──その「最後の1割」の部分でキーワードになっているのが、「縮退」という新しい概念です。こちらについて改めて解説していただけますか。
縮退の実例は、皆さんも身近なところで見ているはずです。
例えば、駅前に大手スーパーが出店したことによって、昔ながらの商店街がシャッター街と化した……といったような風景です。
この場合、商店街の側から見れば「衰退」であっても、経済全体が衰退しているわけではありません。
世界の経済を見ても、グーグルやアマゾンに代表されるごく一握りの巨大企業だけは栄えており、統計を取れば世界経済そのものは間違いなく繁栄しています。一方で、その他の中小企業は干上がっているという現実もあり、これが衰退なのか繁栄なのかは、ひとことでは言えません
この一筋縄では行かない状況を、「経済が(巨大企業に)縮退している」と表現しているのです。
(Yue_/iStock/Getty Images)

縮退は「社会的進歩」ではない!

──「縮退」は「劣化」なのでしょうか?
自然界でも、多様な種がバランスを保っているような生態系がうまく成立することは、きわめてまれで難しいことです。それぞれの種が他の種に及ぼす相互作用がすべて適正値にセットされていなければ、バランスを保つことはできません。
そういう絶妙で希少なバランス状態が崩れた時に、生態系がたどる定番コースは、強い小数の種だけの相互作用が有効になって、これらの種だけで完結して均衡するようになるというものです。その結果、他の弱小種は生態系に無視される形で衰退していきます。
このように、縮退とはある意味、「希少性の高い状態」から「希少性の低い状態」へと移行することであり、それゆえに「劣化」であると言えます。
しかも、いったん縮退の状態になってしまうと、容易に元には戻らないという問題もあります。
ですが、現代の資本主義経済は、縮退をあたかも社会的進歩であるかのように勘違いしてきました。プロセスを整理・集約し、コストを削減することによって富を生むといった、縮退に向かう作業を「最適化」と呼んで積極的に推し進めてきたわけです。
私はこの現状に、大きな懸念を覚えています。

「理系の目」で世界を見る

──世界経済は拡大しているように見えて、中身としては劣化している。とてもショッキングな指摘です。
理系の認識がベースにないと、なかなかそこまで言い切ることはできないかもしれません。
これは、天体力学の「三体問題」(重力を及ぼしあう3個の天体の軌道を解く問題)が、なぜ解けないのかという話とも深くかかわっています。
天体が2個なら簡単に解ける問題でも、3個同時に解かなければならないとなった途端、状況は格段に複雑化します。
ここで、2個ずつバラバラに分割して解くという方法論が使えるのであれば、何も難しいことはありません。ところが世の中の問題の大半は、分割してしまうと解くことができなくなるのです。
そこを、何も考えずに分割して解こうとすると、自分では最適化したつもりでも、別の部分が駄目になるという形での劣化が起きます。
ですが、「問題は合理的に解けるのが当たり前」だと思い込んでいる人には、それが劣化であることがなかなか見えてこない。それが、縮退の根っこにある問題だと思います。
(Sciepro/Getty Images)

ローマ帝国の没落に学ぶ