新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍が地銀の存在意義のフィルターとなるだろうという点は同意。

銀行は「雨の日に傘を貸す」という使命と「貸さぬも親切」という使命も併せ持つため、コロナという豪雨がこの微妙な舵取りを地銀に迫ることになるだろう。
単純な財務分析では計り知れない事業価値、コロナ禍による一過性の原因なのか構造的ものなのかの判断こそ銀行の付加価値だと思う。
コロナ禍では産業構造変わりますから、地銀のみならずほとんどの産業で優勝劣敗につながるでしょう。
地銀はぼんやりした横並びでは地域経済に付加価値を提供できない。そのことを金融庁が明確に認識しているというメッセージだと受け止めた。単なる従来型の金融サービスの提供だけでは、やがて一つのネット銀行があれば良いということになる。地域に拠点を持って人を抱える地域金融機関は、それぞれが依拠する地域に金融というツールを活用して何ができるか、が問われる。これは「巨大なネット銀行」が提供することが容易ではない価値。それを深堀することで、場合によってはファンドに近い性質も備えた新しい金融業態に転換することで、成長する可能性があると思う。単なる統合を重ねても、根本的な問題の解決にはならない。従来の枠に縛られない発想で、当局とも活発な議論を重ねて、次のステージに進んでいって欲しいと思う。
金融庁が発表している「金融行政とSDGs」にも「地域金融機関が顧客のニーズを捉えた付加価値の高いサービスを提供することに より、安定した経営 基盤を確保する 取組み 「共通価値の創造」 は重要」とあることを踏まえたインタビューだと思料します。
https://www.fsa.go.jp/policy/sdgs/FSAStrategyforSDGs_rev2.pdf

Withコロナで顧客企業の付加価値を上げていくための提案ができるか、いう銀行員の力量が問われている、という指摘でもあると思います。