新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大統領選の行末により違いはあると思いますが、
今後自然エネルギー系の事業はさらに注目を浴びていくことになるでしょう。

日本企業の中では、パナソニックは基本的にそのごく一部を担う企業であり続ける意思だったと思います。方針転換の様に見える一方、”コンテクスト”としては一貫しているのかもしれません。

では。
現在のテスラが自然エネルギー系であるかと言われれば、完全にそうでもないような気がしますが、”コンテクスト”で目指しているところはまさしくそれだと感じます。

近年、投資家や人々は、
製品・サービスという”コンテンツ”より、
企業の在り方・目指す方向性という”コンテキスト”に共感します。
成熟した、と思います。
今のテスラ株値も、このような視座から俯瞰してみるのも一興でしょう。

多くの批判は、”コンテンツ”(製品・サービス・発言)に対して行われ、
共感は”コンテクスト”に対して行われるのです。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.38 兆円

業績

時価総額
101 兆円

業績