新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちなみに8/14発表の小売統計の7月季調数値をみると、前年比+2.7%、ガソリン・自動車・自動車部品を除いた数値では+3.9%。
ECを中心とした無店舗小売が前年比+24.7%、ガソリン・自動車・自動車部品を除いた小売全体に占める構成比は17.9%→21.3%まで増加。ECを除いた小売の前年比を計算すると-0.5%。
ある程度リアル店舗での消費も戻っているが、ECが圧倒的。
https://www.census.gov/retail/marts/www/marts_current.pdf
個人消費に関しては確かに抑えられていた需要の一時的な反転の要素が強い。都市部では厳しいロックダウン体制がひかれていたが、その緩和によるもの。悪化した雇用状況に回復の兆しは見えずファンダメンタルは厳しそうだが、11月の大統領選に向けトランプ大統領が更なる経済対策を打ち出す可能性もあり、足元急激な経済の落ち込みは表面的には避ける展開になるのでは。
8月の消費マインド統計が悪化してますので、翌月の結果が心配です。
米国の7月の個人消費支出は前月比1.9%増と、市場予想の1.5%増を上回りました。しかしながら、8月以降も個人消費が回復し続けているかどうかとなれば懐疑的な見方もあるようです。今後も注視が必要ですね。